- 高配当株で配当金生活

過去10年はおそロシアな為替推移ですが、その利率は約7%。ロシア・ルーブル建 利率ステップアップ型社債をご紹介します。

今回は、本日・2017年2月26日付けの日本経済新聞の広告に掲載されていた商品で、私のおすすめする商品という訳ではないのですが、企画自体は面白いと思った債券である、エイチ・エス証券で販売中のロシア・ルーブル建 利率ステップアップ型社債をご紹介することにしたいと思います。


スポンサーリンク

7年満期ですが途中で利率がステップアップします


※ 上記の画像は本日の日本経済新聞の広告から引用

さて、今回の記事でご紹介する『ロシア・ルーブル建 利率ステップアップ型社債』は、その名前の通り利率が途中でステップアップすることが魅力の1つとなっています。ただ、ステップアップの幅が6.92%→7.02%とかなり小幅でありまして、この条件ならステップアップさせて見たかっただけ?と勘ぐってしまいますね。ただ、7年平均で6.97%の社債と考えるとまあまあ良い結果になる可能性もあると思います。

ロシア・ルーブル建 利率ステップアップ型社債 5つのポイント

・発行体:クレディ・スイス・エイ・ジー
・格付:A1(Moody’s)/A(S&P)/A(Fitch)*2017年2月20日現在
・利率:当初3.5年間 年6.92 %(税引前) 以降3.5年間 年7.02 %(税引前)
・期間:約7年
・販売単位:額面200,000RUB以上、 100,000RUB単位(約40万円から)

為替スプレッド割引キャンペーンも実施中です


※ 上記の画像は本日の日本経済新聞の広告から引用

さて、今回の『ロシア・ルーブル建 利率ステップアップ型社債』に合わせて、為替スプレッドの割引キャンペーンも行われています。ロシア・ルーブルの取扱いにあたっては、業者間の為替スプレッドもかかってしまうらしく、それを加味すると0.07円→0.045円の割引ということになりますね。初期状態では為替スプレッドが3.5%もかかってしまうとは驚きです。マイナー通貨だから仕方ないとは思うんですけどね。

円=ロシア・ルーブルの為替推移


※ 上記の株価チャートはヤフーファイナンスから引用

さて、ロシア・ルーブルといえば、円との関係で見るとおそロシアな為替推移をすることで有名な通貨ではないでしょうか。上記の過去10年のチャートをみても、その激しさが伺えると思います。これを見てしまうと、ロシア・ルーブル建ての7年ものの債券をもつのはちょっと気が引けてしまいますよね。ただ、7年経ってみると円建てでまさかの大幅+ということもなきにしもあらずなので、宝くじ的な心持ちで買うのはアリなのかもしれませんね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


この記事を読んでくださった方はこんな記事も読んでいます。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.
ブログパーツ