リートのグローバル・ワン投資法人[8958]の不気味なIRが気になるのでちょっと持ち株数を減らしました。 - 高配当株で配当金生活

リートのグローバル・ワン投資法人[8958]の不気味なIRが気になるのでちょっと持ち株数を減らしました。

最近のJリートはまさに「天翔け上がる」という枕詞がふさわしいほどの上げっぷりを見せてくれていますけれども、そんなリートでも購入時期が悪かったのか、未だに購入価格から10%も上がっていない銘柄が3つございまして、それは

■ [8958]グローバル・ワン投資法人:△8.27%
■ [8961]森トラストリート投資法人:△9.54%
■ [3227]MIDリート投資法人:△7.68%

の3銘柄となっております。この中で[8961]森トラストリートはテナントの解約で分配金が直近で逓減傾向ではあるのですが、コレだけの+に留まっているのは買った時期が悪かったとしか言いようがないんですね。[3227]MIDリートは私は「大阪・京橋リート」と勝手に名付けているのですけれども、いわゆるパナソニック集中リスクだけが気になります。昨今の円安で業績が持ちこたえるのであれば、過度な心配はいらないと思うのですが・・。

そして、一時期保有リートの中で唯一の含み損になるほどイマイチな成績なのが今回一部売却した[8958]グローバル・ワン投資法人になります。このグローバルワンの物件のモットーは「近・新・大」と言う事もあり物件自体は良いと思うのですが、いかんせん古参リートの割には時価総額が小さく1テナントの動向に大きく左右されてしまうのであります。

8958 グロワン ネットワン IR

そんな[8958]グローバル・ワン投資法人から発表された2013年1月30日の[7518]ネットワンシステムズに関するIR。このネットワンシステムズはグローバルワンの保有物件であるスフィアタワー天王洲に入っているのですが、先日オフィスの移転計画を発表したのです。このネットワンシステムズは、天王洲の物件の5割強の面積を賃貸しており、グローバルワンの総賃貸面積の8%を占めるテナントなので一大事ではあるんですよね。

ネットワンシステムズのIRによると「現在の品川区東品川の本社オフィスを東京都千代田区丸の内二丁目7番2号所在のJPタワーへ移転する。」との事なのですが、このスフィアタワー天王洲を必ず解約するとは読み切れない内容となっています。まあ、それでもいざ解約となった場合は、短期的には大きく分配を下げることになりそうですので、ここで一旦持ち株を減らし、株価が下がった場合は再度購入という戦略を取りたいと思います。

2013年1月31日に売買した3銘柄はこちらです。

8958 グローバルワン 売却

[8958]グローバル・ワン投資法人:4株→3株へ

2702 マクドナルド 購入

[2702]日本マクドナルド:個人300株+法人100株 → 個人300株+法人300株へ

1566 上場新興国外債インデックス

[1566]上場新興国外債インデックス:19株→21株へ

今回は、リートを1株売却した事により代わりに何を買うか検討した結果、今回の上げ相場の影響をあまり受けていない[2702]日本マクドナルドと、購入最低金額が安く最後の調整に使いやすい[1566]上場新興国外債インデックスを購入する事にしました。マクドナルドを600株ということになると、株主優待は年48枚になってしまいます。マクドナルドに、半年で48回行くかという話ですけれども、朝マックを駆使すれば行けるかなと思っています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.