2012/4/24-26の新規空売り[4502]武田薬品工業など2銘柄、欧州関連で円高・・という展開に備える!? - 高配当株で配当金生活

2012/4/24-26の新規空売り[4502]武田薬品工業など2銘柄、欧州関連で円高・・という展開に備える!?

間もなく大型連休であるゴールデンウイークがやってまいります。基本的には、欧米にはあまり関係のない行事のはずなんですけど、最近はこのゴールデンウイークの前後に波乱がやってくる傾向がありますよね。今年も5月はじめのフランスの大統領選挙・ギリシャの総選挙では、政権が交代する可能性があり、それが相場の波乱要因となる可能性があるのではないかと思っています。

私は売りよりも買いが断然多いため波乱は来ないに越したことはないんですけど、波乱が来たときの為に空売りを事前にしかけておいて、ちょっとでも損失を少なくするように準備をしておくのが、私の投資の方法なのです。さて、波乱といえば最近のセオリーとなっているのが円高ですよね。まあ、ユーロや米ドルよりマシという意見が私にはちょっと理解できない点もあるのですが、それが世界のコンセンサスなのであれば、流れには乗っておくしかありません。

円高で売りと言えば自動車でいいのですが、たまには気分を変えて・・・

そして、円高に弱そうな企業といえばまず思いつくのが自動車株だと思うのですが、今回はちょっと趣向を変えました。買いの方でも保有しており、最近は高配当ランキングのトップ10の常連となっている武田薬品工業[4502]を対象にしてみたいと思います。私は武田薬品工業は基本的には買いで入りたい会社なのですが、今期についてはタコ配当の可能性もあるほどの苦戦です。

近々の配当の維持は発表されているため、1月につけた安値の3,160円からは株価は回復傾向ですが、4月26日の相場も大型株とは思えないような大量の売りが入り、一気に3%以上値を落とす場面がありました。(下が4月26日のチャートです。)

そんな武田薬品工業ですが、私は4月24日に3,495円で売りから入りました。今日は3,550円まで回復しているので短期的には失敗ですが、ユーロと米ドルに対する円高を見込んで、3,300円前後を目標に売り玉を保有していきたいと思います。

また、今日4月26日にリートの日本リテールファンド[8953]を追加で売りました。今日はリートでは久しぶりの上場となる、ケネディクス・レジデンシャル投資法人[3278]の上場があり、リバランスの売り買いで相場は軟調なのではないかと思っていたのですが、その中でもこの8953は好調で、直近では年初来高値を今日更新しています。ちなみに、終値ベースでも今日唯一の+で終わったリートとなりました。

元々4株売っていたので、ナンピンと言う事になりますが、REITセクターの中で短期的に好調な銘柄は平均に収束するという考えからからすると、他のREITよりは下げる可能性が高いのではないかと考えています。

2012/4/26現在で保有している空売り建て玉は以下の通りです。

  • [1343]NEXT FUNDS 東証REIT指数連動型上場投信:1021で400株
  • [4502]武田薬品工業:3495で100株
  • [6301]小松製作所:2343で100株
  • [7203]トヨタ自動車:3360で200株
  • [8951]日本ビルファンド投資法人:768000で1株
  • [8953]日本リテールファンド投資法人:平均124350で8株
  • [8955]日本プライムリアルティ投資法人:226700で3株
  • [8959]野村不動産オフィスファンド:479500で1株
  • [9104]商船三井:319で1000株

また、この期間中に[8267]イオン:1102で400株、[8316]三井住友ファイナンシャルグループ:2719で100株の2銘柄を利益確定しました。旅行中なので、詳細をキャプチャーするのを忘れてしまったのですが、後からSBI証券のページで確認した所、2銘柄で利益は35,262円でした。この売買によって、今期の空売りの合計利益は285,146円となりました。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.