かに玉は東西で味が違う!? 当然餃子の王将[9936]のかに玉も東西で味が違っているそうです。株主優待券でいただきました。 - 高配当株で配当金生活

かに玉は東西で味が違う!? 当然餃子の王将[9936]のかに玉も東西で味が違っているそうです。株主優待券でいただきました。

昨日王将フードサービスの株主優待券を手に入れたばかりなのに、早速餃子の王将[9936]に食べに行ってしまいました。ソコソコ美味しい餃子の王将ですけれども、ソコソコだと思っている割に株主優待券が家に届いたらスグに食べに行ってしまうというのは、私が餃子の王将を愛しているからなんでしょうね。

今回は株主優待券を使ってかに玉をいただきました。かに玉は関西の王将では私が最も好きなメニューの一つなんですけれども、醤油味が当たり前だと思っているかに玉も関東圏の王将ではなんとケチャップ味で提供されるんだそうです。これは、そもそもかに玉の味付けが東西で異なっているからなんですけれども、Wikipedia先生によると、

関東など、静岡県浜松市より東では、酢に加えてトマトケチャップを使うことが多く、その場合は酢豚の場合と同じくあんの色は赤となる。醤油味の場合は、あんに椎茸、筍などを少量加えることも多く、彩りにはほとんどグリーンピースが添えられる。

こんな感じで、浜松市くらいを境に味が変わっているそうなんですよね。一度、関東地域の王将でかに玉を食べた事があったんですけれども、私は違和感を覚えました。まあ、子供の頃からケチャップ味で食べているとそれで慣れちゃうんでしょうけれども、こんな感じで狭い日本なのに意外に味の違いというのは多く、意外に日本って狭くないんだな〜と感じてしまうのであります。

王将フードサービス[9936]の株主優待 (3月9月/年2回)

京都王将の優待食事券
■ 100株以上:1,000円相当
■ 200株以上:1,500円相当
■ 500株以上:3,000円相当
■ 1000株以上:6,000円相当

by カエレバ

かに玉+餃子のセットで830円でした。

かに玉+餃子のセット

今回は、かに玉+餃子のセットをいただく事にしました。王将は単品メニュー以外はそれぞれの店舗に裁量があるため、お店によってメニューが全然違うのが特徴でしょね。昔住んでいた京都では500円くらいのセットメニューが充実していた記憶があります。さすが学生の街ですよね。

餃子

餃子の王将の餃子です。最近、餃子の王将は中国に進出を開始しているのですが、中国では水餃子が餃子の基本なんですよね。一方、日本では焼き餃子が基本であります。餃子で中国進出!?と思ってしまう方もいると思いますけれども、日本風の焼き餃子が向こうで成功するのか、株主としては注目したい所であります。

かに玉

そして、こちらが東西で味が全然違うというかに玉です。餃子の王将は京都の会社なので、関東圏のお店でも関西風のかに玉を出しても良いように思うのですが、そこは地元の風習に合わせるってことなんですね。今回いったお店のかに玉は、ちょっとタマゴが半熟過ぎるかな?と思いましたけれども、味は抜群でした。

キムチと漬物

今回のセットには漬物とキムチがセットでついていました。

スープ

こんな感じのスープがついてくるのは、中華料理店では定番の事ですよね。

ご飯

こんな感じのおかずと一緒に美味しい白米をいただく事にしたいと思います。餃子の王将のメニューは、どれもちょっと多めの量でして、30代に入った私としては、ちょっと食べるのが苦しくなってきましたね。もうちょっと歳を取ると単品1つ+ご飯くらいでちょうど良くなってしまう気がします。そうすると、1回あたりの飲食金額が益々安くなってしまいますけどね。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.