モスバーガー[8153]の株主優待券でとびきりハンバーグサンド・チーズに期間限定のオニオンスープをいただきました。 - 高配当株で配当金生活

モスバーガー[8153]の株主優待券でとびきりハンバーグサンド・チーズに期間限定のオニオンスープをいただきました。

私が国内のハンバーガーチェーンで一番好きなのは上場会社の中では[8153]モスフードサービスのモスバーガーになります。上場していない所では、ハワイのハンバーガーチェーンで現在日本国内に約20店舗出店しているKUA`AINA(クアアイナ) という所が一番好きなんですけどね。

それはさておき、このモスバーガーというお店は美味しい割には業績が長年伴わない企業であると思っています。最新の会社四季報にも「テレビとコラボの新商品不発、前半の天候不順も誤算で既存店前年割れ。」なんて書かれてしまっていますし、指標的にも常に割高株状態です。

投資という観点から言うと、マクドナルド[2702]か、むしろ海外のMcDonald's Corp. (MCD)を保有しておいた方がいいかもしれません。アメリカのマクドナルドは株主優待がない代わりに、配当利回りが2012年11月28日現在3.5%もありますからね。

モスフードサービス[8153]の株主優待 (3月9月/年2回)

「株主ご優待券」(500円券)
■ 100株以上500株未満:2枚(1,000円)
■ 500株以上1,000株未満:10枚(5,000円)
■ 1,000株以上:20枚(10,000円)

おいしいハンバーガーのこわい話

エリック シュローサー 草思社 2007-04-24
売り上げランキング : 16888
by ヨメレバ

今回は、はじめていただくオニオンスープに注目したいと思います。

待っている札

モスバーガーは注文してから作る事が多いのか、注文してから実際にハンバーガーが届くまでの時間がちょっと長めですよね。それで、ライバルのマクドナルドの主力メニューとは値段が変わらない訳ですから、採算の悪さ(PER38.87倍)もうなづけてしまうような気がします。ちなみに、今回の待ち札には雑学が書かれていました。モスバーガーの海外出店は1991年に台湾から始まったんですね。台湾は日本以上にモスバーガーを良く見かけますが、最初に海外進出した国なのでしたら、それにも納得です。

やってきました。

さて、今回注文したセットがやってきました。今回いただくのは、国産のお肉で作ったパティが自慢の「とびきりハンバーグサンド」のオニポテセットになります。ドリンクはオニオンスープをチョイスしました。コーヒー系でも良いんですけれども、モスバーガーではドリンクにスープをチョイスすると、別にお水を持って来てくださるので、スープ系を注文する事が多いですね。コレで値段は760円となり、株主優待券を1枚利用しています。

とびきりハンバーグサンド

こちらがとびきりハンバーグサンド(チーズ)のアップになります。モスバーガーのサンドであり、手作り感もあって美味しいことには間違いないのですが、個人的には普通のモスバーガーの方が好みかもしれないですね。最近はライバルのマクドナルドもお金を出せば美味しいバーガーが頂けるようになっていますので、モスバーガーの優位性は薄れて来てしまっているような気がします。

オニオンスープ

冬になるとクラムチャウダーをいただく事が多いのですが、今回は初めて見かけたオニオンスープを頂く事にしました。オニオンスープは、一緒にフランスパンのラスクと提供されるようですね。

いただきます

フランスパンのラスクをスープに浸していただく事にしたいと思います。このスープ、玉ねぎが2種類入っていまして、飴色になるまで丁寧に炒めてあるタマネギと、食感を楽しむため後から入れた玉ねぎが入っていました。

そのこだわりはさすがだと思いましたけれども、さすがに高級系ファミレスのロイヤルホスト[8179]の看板メニューであるオニオングラタンスープほどの美味しさではありませんでした。美味しいスープではあるけど、個人的にはクラムチャウダーの方が好みかもしれませんね。ただ、モスバーガー好きの方なら、一度は味わっていただきたいかなと思いました。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.