格安旅行の大革命。LCCのエアアジアのおかげで、東京=韓国のツアー旅行が全部コミコミで15,000円を切っちゃいました☆ - 高配当株で配当金生活

格安旅行の大革命。LCCのエアアジアのおかげで、東京=韓国のツアー旅行が全部コミコミで15,000円を切っちゃいました☆

日本でのLCC元年と言われ、格安航空会社が関西国際空港・成田空港に次々と就航した2012年でありましたが、このLCCを使って旅行した事があると言う方はどれくらいいらっしゃいますでしょうか? このLCCは就航前は既存のANA[9202]JAL[9201]の需要はあまり奪うことなく、新規の開拓にのみ役立つのではないかという分析があったようです。

実際、このLCCのおかげで北海道・沖縄・韓国・台湾と行った所に今まででは考えられないような値段で旅行に行けるようになりました。今まで予算の都合で旅行に行けなかった方も旅行に行けるようになったという点では、非常に大きな革命だとは思うのですが、特に関西をベースとするピーチ航空はサービスも日本風でソコソコであり、元々大手航空会社を使っていた層をも取り込んでいるようなんですよね。

私は海外旅行で一番行く旅行先は台湾なのですが、このピーチ航空を利用すると往復燃油サーチャージや税金もコミコミで12,000円くらいでチケットを取れることもあります。一方、ANA[9202]は値段が下がったとはいえ34,000円くらいはかかってしまいますし、そもそも台湾ー関西はANAの飛行機は飛んでいません。

そう思うと、台湾くらいの距離ならピーチ航空でいいかな〜と思ってしまうのですが、先月ピーチ航空で台湾に行った際、横の方と話をする機会があったので、色々話しをしてみたのですが、その方は結構な資産家で台湾にビルも保有しており、元々は大手航空会社のビジネスクラスやファーストクラスで台湾に行くような人だったのです。

しかしながら、実際にLCCで台湾に行ってみると意外に安さの割に快適だと言う事に気づき、今後はLCCを中心に使おうかな〜とおっしゃっていました。その方の奥さんは、ファーストクラスでつかまえた大手航空会社のCAさんと聞きました。そんな方ですらLCCに乗り換えようと言うんですから、コレからはLCCの時代なのかもしれませんね。

エクスペディア先生の海外ツアーは時々驚きの安さなんですよね。

後半になって、ようやく今回の記事のタイトルの話題に入りたいと思いますが、私は海外旅行に行く時にはエクスペディア先生というホテルの予約サイトを使うことが多いです。このエクスペディアは元々はマイクロソフトの一部門だったのですが、その後独立、現在は世界24カ国で展開し、年間の予約数は6,700万予約にも及んでいるのだそうです。

それだけ世界展開しているサイトだけあって、日本の予約ではまだ楽天トラベルには及ばないような気がするのですが、日本以外の国のホテル予約をするときは、このエクスペディア先生を上回る海外ホテルサイトはそうそうないような気がするんですよね。

そして、このエクスペディア先生はLCCのエアアジアと元々提携を行っているようで、エアアジア利用のパッケージツアーを定期的に販売しています。この提携は、日本に今年設立されたLCCのエアアジア・ジャパンにも及んでいるようで、こんな感じで韓国行きのツアーをなんと15,000円以下で販売しているんですよね。この15,000円というのは燃油サーチャージや税金を含めた金額であり、コミコミで15,000円以下という安さなのです。

今回は、韓国・釜山のツアーを検索してみたのですが、この釜山には日本では超有名なビジネスホテルである東横インも進出しています。海外のビジネスホテルは正直イマイチな所も多いですけれども、東横インくらいのクオリティだと、安定していて、ある意味安心ではありますよね。このツアーは成田空港発着のみなので、私は参加できませんけれども、コレくらいの値段なのであれば、韓国も行ってみたいなと思うのでありました。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです



当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.