驚き・感動の株主優待ランキング1位。[2590]ダイドードリンコから100株分の配当金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

驚き・感動の株主優待ランキング1位。[2590]ダイドードリンコから100株分の配当金をいただきました。

野村證券が毎年発行している雑誌に知って得する株主優待というものがあります。この雑誌の中に、「読者の皆様が選ぶ驚き・感動の優待ランキング」というコーナーがあるそうなのですが、この[3590]ダイドードリンコの株主優待は6年連続で1位となっているんだそうです。

ダイドードリンコ株主優待

それが、この株主優待でありまして、約3,000円のダイドードリンコ自社製品の詰め合わせになります。このダイドードリンコの自社製品詰め合わせは、年に2回、1月と7月の株主に送られるものなのですが、年に2回いただいたとしても6,000円相当なんですよね。

実際、[2590]ダイドードリンコの単元株は35万円前後しますので、優待+配当を合わせても3%台と必ずしも高配当と言う訳ではないのですが、この優待については、年に2回実家に届くようにしていまして、親へのプレゼントとして非常に喜んでくれているようです。上の優待で言うと、両親はコーヒー嫌いなので、コーヒーだけは私に回ってくるんですけどね。

知って得する株主優待 2012年版

野村インベスター・リレーションズ 2011-11-16
売り上げランキング : 64616
by ヨメレバ

[2590]ダイドードリンコから100株分の配当金をいただきました。

と、こんな感じで株主優待は実家に届くようにしてありますので、自宅に届くのは配当金だけなのですが、今回は1株あたり20円の配当金をいただきました。保有株数は100株でありまして、法人での源泉徴収税7%を差し引きしますと、実際に受け取った金額は1,860円となりました。

このダイドードリンコ[2590]はコカ・コーラやキリンなど、大手の飲料メーカーと比べるとパッとしないという印象をお持ちの方は多いのではないでしょうか。スーパーでダイドードリンコの商品を見かけることが少ないために、そういう印象をお持ちになるのではないかと私は考えているのですが、実際は、このダイドードリンコの主力は自販機におけるコーヒー飲料を主軸とした販売なんですよね。

ダイドードリンコ[2590]は自販機の方では、国内3位の会社であり、売り上げの9割を自動販売機が占めているという飲料業界では特殊な会社となっています。実際、自動販売機のコーヒーは毎日同じ道を通勤していると、同じ自販機で購入すると言う方も多いのではないでしょうか。ということで、会社のイメージの薄さとは逆に、このダイドードリンコ[2590]という会社は意外に手堅い業績だと言えると思うんですよね。

最近は内需の株が好まれる傾向にあるせいか、この[2590]ダイドードリンコの5年チャートを見てみると、2009年以降は基本的にはゆっくりとした右肩上がりの推移となっています。ただ、指標面ではPER16.84倍・PBR0.76倍・配当利回り1.45%とお得感はありませんので、買い増しをする気にはなれませんね。今後も堅調な業績に期待しつつ、100株分の優待を実家に送るために長期保有・・という方針で参りたいと思います。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.