買い時が悪かったので元本が大損失になりました。フランス国債5000ユーロ分の利金をいただいています。 - 高配当株で配当金生活

買い時が悪かったので元本が大損失になりました。フランス国債5000ユーロ分の利金をいただいています。

運用4年目配当金生活のポートフォリオで失敗をした銘柄というのは色々ありますが、一番失敗したのは大暴落しているのに損切りできず、そのまま0円になってしまった日本航空だと思います。そして、2番目に失敗した物と言えば、なんと言ってもギリシャ国債ですよね。

各投資家さんのブログを色々拝見していても、まあギリシャ国債なんて保有していた人はそうそういません。まあ、実際の所は失敗して大損しても、それが笑い話になって、ネタになればそれでいいか・・と思っているので、後悔ばかりという事はないんですけどね。

しかしながら、ネタにするほどは大損しておらず、中途半端なマイナス成績の債券もありまして、それが今回利金を受け取りましたフランス国債になります。フランス国債はヨーロッパの先進国の中では相対的に強い国債でして、現在でも5年国債の利回りが1%前後と1年前は3%に迫ろうかと思う場面があった事を思うと堅調です。

この事を思うと、フランス国債なんて買った時よりも時価が上がっていても良さそうなのですが、それは私のヘタッピ売買の賜物。確か、ユーロが150円くらいで債券を購入していたような気がしますので、現在の評価損益は下記のような大惨事となってしまっているのです。

フランス国債損失

さすがに、ユーロ建てで考えるとこのフランス国債もプラスになっているんでしょうけれども、あの時のユーロ相場が異常だと思えなかった私を責めたい所ですよね。実際、パリにユーロ140円の時に旅行に行って、「ユーロは80円くらいが妥当なのでは?」と旅行中の物価を見て思ったのにも関わらず、関係なくユーロ建ての債券を買っていた訳ですからね。

フランス国債5,000ユーロ分の利金をいただきました。

フランス国債利金

さて、今回はフランス国債5,000ユーロ分の利金をいただきました。利率3%の債券になりまして、外貨建てで受け取った金額は税引き後で120.02ユーロ、コレを日本円に換算しますと、12,362円となりました。

ちなみに、ユーロ建てMMFの積立については、日興証券では既に終了しておりますので、このユーロ建ての利金については、ユーロの現金でそのまま受け取ることになります。まあ、いずれ金利が正常化すればまたユーロ建てMMFも設定されると思いますので、その時までこの現金はそのまま・・という事にしておくつもりです。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.