たっちゃんのひふみ投信投資成績(積立開始64ヶ月目)1年ぶりにログインして爆上げに驚き。ついに月千円からの積立投資にも対応スタートしました。 - 高配当株で配当金生活

たっちゃんのひふみ投信投資成績(積立開始64ヶ月目)1年ぶりにログインして爆上げに驚き。ついに月千円からの積立投資にも対応スタートしました。

今回は、当ブログで毎月1万円ずつ積立を行っている投資信託の1つであるひふみ投信という商品をご紹介することにしたいと思います。いつのまにやら、国内を代表する投資信託の1つにまで成長してしまったこの投資信託。最近の成績は、ジャスダック平均とあまり変わらないのでは?というツッコミもあるようですが、私としては昔から購入して来た商品なので、今後とも応援していきたいと思っています。


スポンサーリンク

ひふみ投信 1,000円から投資できるようになりました

2017年までは月々10,000円以上の積立にしか対応していなかったひふみ投信ですが、2018年からは1,000円以上の積立投資に対応しました。月10,000円は出せないかな〜と思っていた方でも、月1,000円なら積立投資が始められるかもしれませんね。不安定な相場には威力を発揮するといわれる積立投資。ここらがひふみ投信デビューのチャンスかもしれませんね。

月々1万円からの資産形成ひふみ投信 3つのポイント

ひふみ投信の公式ウェブサイトには、同投資信託の特徴として以下の3つが挙げられています。その3つについて、それぞれコメントしていきたいと思います。

ポイント1:主に日本の成長企業に投資

ひふみ投信の特徴の1つとして挙げられるのが、日本の成長企業への投資です。セミナーによると、実際に企業訪問を行いながら投資する企業を選んでいるようですね。古風な方法ではありますが、今の所はそれで成果が出ているので正しい方法だと言えるのではないかと思います。

それはさておき、私たっちゃん自身の投資は「資産の時価のブレを小さくする」ことを目標としているので、成長企業への投資はあまり行なっていません。そもそも、成長企業は株主優待銘柄であることはあっても、高配当銘柄であることはほとんどないので、投資を行いにくいんですよね。その点、ひふみ投信は、私であれば投資しないタイプの企業にガンガン投資してくれますので、自分のPFの補完的存在としてはちょうど良いのではないかと思っています。

ポイント2:守りながら増やす運用に挑戦

最近の好況下ではあまり発動することがないのですが、ひふみ投信の特徴の1つとして、現金比率を機動的に変えられるということにあると思います。これから下げ相場が来そう・・という時は、一気に現金比率を引き上げることを特徴としているんですよね。

実際のところ、金融危機の時は下げ相場の中でTOPIXと差をつけて来たひふみ投信。いずれ来るかもしれない次の下げ相場でもうまくいくという保証はないと思うのですが、そこは積立投資をしている私としてはある程度は期待しておきたいと思います。

ポイント3:顔が見える運用

ひふみ投信を運用している主要なメンバーは全てウェブサイトで公開されています。また、同社はセミナーなどによる情報発信を積極的に行なっているので、地方にお住まいであっても運用担当者に直接会うチャンスはあると思うんですよね。私も関西エリアのセミナーには何度か参加したことがあり、そこで知った[2222]寿スピリッツという銘柄で美味しい思いをしたことがありました。

たっちゃんのひふみ投信 運用成績(積立開始64ヶ月目)

たっちゃんのひふみ投信 運用成績(積立開始64ヶ月目)

積立金額:640,000円
評価金額:1,144,357円
評価損益:+78.8%

当ブログで定期的に積み立てを行っている投資信託

■ セゾン投信セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
■ ひふみ投信月々1万円からの資産形成ひふみ投信
両投信ともに、2012年11月から月額1万円の積立を開始しています。両ファンドの運用状況につきましては、定期的にこのブログ内でご報告していきたいと思っています。

ひふみ投信 詳しい銘柄紹介記事はこちらです

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.