高配当水準はキープも、業績の苦戦傾向で株価の方は「すっきりさわやか」とはいきません。[KO]コカ・コーラから四半期配当金。 - 高配当株で配当金生活

高配当水準はキープも、業績の苦戦傾向で株価の方は「すっきりさわやか」とはいきません。[KO]コカ・コーラから四半期配当金。

今回の記事では、ノンアルコール飲料世界トップで、国内でもその商品を見かけることが多い[KO]コカ・コーラをご紹介することにしたいと思います。50年以上の連続増配記録を続けてくれている同社。最近の業績はやや苦戦の傾向にあり、6年前には50%程度だった配当性向が今や100%を超えるのもありうるのでは?と思えてしまうほどの業績です。ここらがふんばりどころですね。


スポンサーリンク

[KO]コカ・コーラ 最近は健康志向の逆風が吹き荒れています

誰もが認める世界的なブランドである[KO]コカ・コーラ。そのブランド名を知らないという読者の方はいらっしゃらないでしょうし、同社のドリンクを一度も飲んだことがないという方もほとんどいらっしゃらないのではないかと思います。

最近は世界的な健康志向の高まりもあって、同社の業績には逆風が吹き荒れています。ただ、同じような理由づけで業績が一時期イマイチだった[MCD]マクドナルドの方は、業績がいつのまにやら大復活を遂げました。[KO]コカ・コーラも経営努力を行なっていることは確かなので、いつの間にか業績が復活していたということはありうるかもしれませんね。

[KO]コカ・コーラ 過去5年間の株価推移


※ 上記の株価チャートはヤフーファイナンスより

[KO]コカ・コーラの過去5年間の株価推移をみておきたいと思います。誰もが知る世界的なブランドでありながら、最近の健康志向の逆風もあってか、業績は苦戦中の同社。ライバルの[PEP]ペプシコは比較的好調なので、業界全体の逆風傾向と言い訳してしまうのはどうかと思うんですけどね。とはいえ、最近の苦戦のおかげで、株価もイマイチな推移なので、あえて出遅れ銘柄を買いたいというのであれあ、狙い目と言えるのかもしれません。

[KO]コカ・コーラから配当金をいただきました

KO 配当金

さて、今回は[KO]コカ・コーラから1株あたり0.37$分の配当金をいただきました。保有株数は120株です。法人での源泉徴収税を差し引きした後の米ドル建てでの手取りは33.93$でした。日本円換算すると3,688円を受け取っています。なお、[KO]コカ・コーラの2018年2月13日現在の配当利回りは3.4%程度となっています。

[KO]コカ・コーラの銘柄紹介記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.