三井不動産系の分譲マンションがハワイに誕生。購入して定住したい!? / ハワイの高配当電力株[HE]ハワイアン・エレクトリックから配当金です。 - 高配当株で配当金生活

三井不動産系の分譲マンションがハワイに誕生。購入して定住したい!? / ハワイの高配当電力株[HE]ハワイアン・エレクトリックから配当金です。

今回の記事では、米国ハワイ州をメインの営業エリアとしている[HE]ハワイアン・エレクトリック・インダストリーズをご紹介することにしたいと思います。今のような寒い時期になると、ハワイのような気候の良い地域がうらやましく思ってしまいますよね。

今回の記事とは直接関係のない話題ですが、先日の日本経済新聞に三井不動産系列が提供する、ハワイのマンションの広告が掲載されていました。お値段は上でご紹介するような驚愕のお値段です。このお値段でも資産が2桁億円あったら買ったかもしれませんが、今の自分の資産だとこういうマンションに無駄遣いはできませんよね。

私が保有する米国株の中では、おそらく最も小型です

今回の記事でご紹介する[HE]ハワイアン・エレクトリック・インダストリーズは、私が保有している他の米国株式と違い、唯一上記でご紹介している米国会社四季報に掲載されていない銘柄です。

上記の本には、S&P500に採用されている銘柄と、個別に編集部が注目した銘柄が掲載されていますので、つまり[HE]ハワイアン・エレクトリック・インダストリーズは、S&P500採用銘柄でも、編集部に個別に注目されている銘柄でもないというわけなんですよね。

実は1998年から20年間も1株=1.24$の配当水準が続いている同社。連続増配ではない、というのは米国株らしくはないと思う方もいらっしゃると思いますが、私自身は一定の配当水準でも十分に満足です。これからも、保有米国株の中で最もマイナーな銘柄として独自の戦いをしてほしいと思います。

[HE]ハワイアン・エレクトリック・インダストリーズ 過去5年間の株価推移


※ 上記の株価チャートはヤフーファイナンスより

[HE]ハワイアン・エレクトリック・インダストリーズの過去5年間の株価推移を見ておきます。最初、ポートフォリオ入りしたときは配当利回り5%の時代もあった同社ですが、最近は3%台での推移が長く続きます。しかしながら、他の米国電力株と同じように、2017年12月ごろの長期金利の上昇を受けて、一気に株価推移が軟調となってきました。久しぶりに配当利回り4%が見えて来ましたね。

[HE]ハワイアン・エレクトリック・インダストリーズ 四半期配当金

HE ハワイアン・エレクトリック・インダストリーズ 配当金

さて、今回は[HE]ハワイアン・エレクトリック・インダストリーズから1株あたり0.31$の配当金をいただきました。保有株数は230株です。法人での源泉徴収税などを差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は54.42$でした。

この記事を書いている2018年2月8日時点の為替レートを掛け合わせますと、5,950円を受け取った事になります。なお、2018年2月8日現在の[HE]ハワイアン・エレクトリック・インダストリーズの配当利回りは3.9%程度です。

[HE]ハワイアン・エレクトリック・インダストリーズ まとめ記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.