運用が安定してきて分配利回りは3%前後のまともな水準に。香港市場上場のマイナーETF[03085]バンガードアジア高配当ETFから分配金です。 - 高配当株で配当金生活

運用が安定してきて分配利回りは3%前後のまともな水準に。香港市場上場のマイナーETF[03085]バンガードアジア高配当ETFから分配金です。

今回は、私が保有している銘柄の中では、実は最も知名度の低い銘柄の1つではないかと思われる[03085]バンガードアジア高配当ETFをご紹介することにしたいと思います。銘柄名だけを見ると米国市場に上場してそうなのですが、実際は香港市場に上場しているETFです。

日本とオセアニアを除く、アジア・太平洋地域の高配当株式約300に投資しているのが特徴のこの商品。商品構成のアイデア自体は素晴らしいと思うのですが、当初は分配金が安定していませんでした。初期のETFにありがちな現象ではあるんですけどね。2018年1月現在では運用開始から3年半が経ち、分配利回りも3%前後とまともな水準になってきましたね。


[03085]バンガードアジア高配当ETF 5つのポイント(2018年1月現在)

当ETFは、FTSEアジアパシフィック(除く日本・オーストラリア・ニュージーランド)ハイディビデンド・イールド・インデックスへの連動(手数料および経費の控除前)を目指します。(バンガードの公式ウェブサイトから引用)

・投資対象:日本オセアニアを除くアジアパシフィック地域の高配当株式
・保有銘柄数:約321
・信託報酬:0.35%
・分配金利回り:約2.9%
・保有銘柄平均配当利回り:約4.0%

[03085]バンガードアジア高配当ETF 上場以来の株価推移


※ グーグルファイナンスより 2017年9月14日記録

[03085]バンガードアジア高配当ETFの投資口価格は投資先のメインとなっている台湾市場・香港市場・中国市場などがさえなかったことから、2015年から2016年はじめ頃にかけて大きく下落しました。

その後、主力となっている台湾市場・香港市場・中国市場が持ち直し、[03085]バンガードアジア高配当ETFの投資口価格も急回復することとなります。逆張り大好きの私であれば、2016年に買い増ししておくべきでしたが、株価低迷時でも分配利回りが3%弱程度だったので、買い増しするには至りませんでした。今になって思うとちょっと弱気でしたね。

[03085]バンガードアジア高配当ETF 今回の分配金

バンガードアジア高配当ETF 今回の分配金

さて、今回は[03085]バンガードアジア高配当ETFから1株あたり0.46香港ドルの分配金をいただきました。保有株数は1,000株です。香港株の場合は、外国での源泉徴収税は0となっておりまして、国内での法人分の15.315%の源泉徴収のみがなされています。この源泉徴収税を差し引きしまして、手取りでは389.26香港ドルを受け取りました。日本円換算では5、516円です。

[03085]バンガードアジア高配当ETF 過去2年間の分配水準

  • 2017年10月受取分:1株0.46HK$
  • 2017年7月受取分:1株0.11HK$
  • 2017年4月受取分:1株0.06HK$
  • 2017年1月受取分:1株0.08HK$
  • 2016年10月受取分:1株0.36HK$
  • 2016年7月受取分:1株0.12HK$
  • 2016年1月受取分:1株0.02HK$
  • 2016年1月受取分:1株0.05HK$

なお、[03085]バンガードアジア高配当ETFの過去2年間の分配推移は上記のようになっています。過去1年分に受け取った分配金の合計は1株あたり0.71HK$ですね。また、この記事を執筆している2018年1月19日現在の株価は24.70HK$なので、同日現在の分配利回りは約2.9%程度ということになります。長らく2%台の利回りだったこのETFですが、ようやく3%のラインが見えてきましたね。

[03085]バンガードアジア高配当ETF 過去の分配金などのまとめ記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.