毎年恒例の1株=0.12$の増配は今期も継続でした。米国電力株大手の高配当株式[AEP]アメリカン・エレクトリック・パワーから配当金。 - 高配当株で配当金生活

毎年恒例の1株=0.12$の増配は今期も継続でした。米国電力株大手の高配当株式[AEP]アメリカン・エレクトリック・パワーから配当金。

今回は、米国の超大手電力株の1つである[AEP]アメリカン・エレクトリック・パワーから四半期の配当金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。最近は毎年毎年着実に0.12$ずつの増配が続いている同社。今回の四半期配当を見てみると、前回比で+0.03$になっているので、今年も予定通りの0.12$の増配ということになりそうですね。業績も安定感たっぷりで、個人的に信頼している銘柄です。


[AEP]アメリカン・エレクトリック・パワー 簡単なご紹介

今回の記事でご紹介する[AEP]アメリカン・エレクトリック・パワーは、本拠地であり150万の顧客を抱えるオハイオ州をはじめとして、米国11の州で500万以上の顧客に対して電力を提供している会社です。同社の時価総額は公共系の中で7位前後、売上高も5位前後ではあるのですが、その発電量は米国内で最大であり、63,000キロにも及ぶ電力配送システムも米国内でトップクラスですね。

それにしても、[AEP]アメリカン・エレクトリック・パワーという会社名だと、まるで「米国を代表する電力会社」であるように思えますよね。実際、米国公共株で上位の会社であることに変わりはないのですが、米国電力株といえばまずでてくるという銘柄でもないように思います。今後、112年前に創業した人たちの願い叶って米国No.1の公共株になる日はやってくるのでしょうか?

[AEP]アメリカン・エレクトリック・パワー 過去5年間の株価推移


※ 上記の株価チャートはヤフーファイナンスより

良くも悪くも鉄壁のヨコヨコ〜微増の業績推移が続いている[AEP]アメリカン・エレクトリック・パワー。上記の5年単位のチャートで見ると、株価も比較的堅調であるように思えるのですが、実は2017年12月から株価がイマイチに推移してしまっています。同社に限らず、最近は調整している米国電力株が多いので、個別の要因ではないと私は考えています。

[AEP]アメリカン・エレクトリック・パワー 今回の配当金

アメリカン・エレクトリック・パワー 今回の配当金

さて、今回は[AEP]American Electric Powerから1株あたり0.62$の配当金(前回から+0.03$)をいただきました。保有株数は181株です。法人での源泉徴収税などを差し引いた後の手取り額は85.72$でした。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせますと、9,521円を受け取った事になります。

なお、[AEP]American Electric Powerの2018年1月14日現在の配当利回りは3.6%程度となっています。業績は堅調で、今期も連続増配の続く同社ですが、株価指数が絶好調な時は電力株は蚊帳の外。というのが、定番のオチでありまして、ここ1ヶ月で株価が15%程度下落してしまっています。4%台に突入するのであれば、買い増ししたいところですね。

[AEP]アメリカン・エレクトリック・パワー 銘柄紹介ページ

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.