今期増配予定ながら、株価上昇率がそれ以上で高配当株式からは陥落しました。[9201]日本航空から300株分の配当金をゲット。 - 高配当株で配当金生活

今期増配予定ながら、株価上昇率がそれ以上で高配当株式からは陥落しました。[9201]日本航空から300株分の配当金をゲット。

今回は、当ブログ初期の頃の主役だった銘柄の1つである[9201]日本航空をご紹介することにしたいと思います。この10年を振り返ると、破綻からの再上場があり、何かと忙しかった銘柄ですよね。

同社は、2017年3月期までは税金の負担がほとんど生じておらず、ほぼ経常利益=純利益となっており、そのおかげで見た目は超割安の銘柄となっていました。しかしながら、今期2018年3月期からは通常モードに戻り、この図式が崩れています。ただ、配当の方は前期の1株94円に対し、105円に増配の予定となっていますね。株価が比較的堅調なので、高配当株式からは陥落していますが、優待のこともあって保有株はキープの予定です。


[9201]日本航空 中間配当の案内

日本航空 中間配当の案内

さて、今回はそんな[9201]日本航空から第69期の中間配当金関係の書類をいただいていますので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。なお、[9201]日本航空といえば、その注目度が一番高いのは株主優待制度だと思うのですが、優待と配当が別々の案内となっていたため、記事も別々となっています。興味のある方は、下記の過去記事も合わせてご覧いただければと思います。

[9201]日本航空の株主優待券(3月/9月 年2回)

株主割引券(普通運賃の50%割引)
■ 100株以上:1枚/年
■ 200株以上:2枚/年(1+1枚)
■ 300株以上:3枚/年(2+1枚)
■ 400株以上:4枚/年(2+2枚)
■ 500株以上:5枚/年(3+2枚)
■ 600株以上:6枚/年(3+3枚)
■ 700株以上:7枚/年(4+3枚)
■ 800株以上:8枚/年(4+4枚)
■ 900株以上:9枚/年(5+4枚)
■ 1000株以上:10枚/年(5+5枚) 以下省略
※ 3年以上継続して保有の場合、300株以上1,000株未満の株主には半年あたり1枚、1,000株以上10,000株未満の株主には半年あたり2枚、10,000株以上の株主には半年あたり3枚追加となります。

[9201]日本航空 2017年3月権利確定分 株主優待 過去記事

[9201]日本航空 2018年3月期 中間配当金

日本航空 2018年3月期 中間配当金

さて、今回は[9201]日本航空から1株あたり52.5円の配当金をいただきました。保有株数は300株です。個人での源泉徴収税20.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の額は12、551円でした。なお、この記事を執筆している2018年1月14日現在の[9201]日本航空の予想配当利回りは約2.4%です。

[9201]日本航空の株主優待・業績・配当金などのまとめ記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.