格安ウイッグの全盛でオーダーメイドかつらは苦戦傾向? 3%台の高配当はキープ見込みの[7823]アートネイチャーから配当金です。 - 高配当株で配当金生活

格安ウイッグの全盛でオーダーメイドかつらは苦戦傾向? 3%台の高配当はキープ見込みの[7823]アートネイチャーから配当金です。

今回は、この記事をご覧のほとんどの方が名前をご存知だと思われる[7823]アートネイチャーをご紹介することにしたいと思います。かつらの業界では、すでに経営陣等などによりMBOで上場廃止となってしまったアデランスと双璧をなす企業ですよね。

雑誌の記事によると、このかつら市場自体は今でも緩やかに伸びているんですよね。特に、女性向けのかつらは好調なんだそうです。ただ、市場自体は拡大する一方で、最近は既製品で値段もお手頃なウイッグが全盛となっており、[7823]アートネイチャーのようなオーダーメイド品には大逆風となっています。

[7823]アートネイチャーは老舗としてこの変化に対応できるのか、それともこのまま競争に敗れて沈んでいくのかは私にはわかりませんが、とりあえず配当政策が変わらない限りは、このまま保有したいと思っています。


[7823]アートネイチャー 2018年3月期 株主通信

さて、今回はそんな[7823]アートネイチャーから、同社の2018年3月期の中間株主通信にあたる「アートネイチャー インフォメーション 2017秋・冬」と、同社の2018年3月期の中間配当金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

[7823]アートネイチャー 配当の方針

アートネイチャー 配当の方針

今期は配当性向が100%を超えてしまうのでは?というほどの苦戦という予想もある[7823]アートネイチャー。そんな同社ではありますが、いちおう報告書の配当方針には「安定的かつ継続的な配当を基本」と書かれてあります。こういう記述があっても、減配する会社はあっさり減配する傾向にはあるのですが、[7823]アートネイチャーについては、とりあえず現状の28円配当を維持することができると期待しておきます。

[7823]アートネイチャー 2018年3月期 中間配当金

アートネイチャー 2018年3月期 中間配当金

さて、今回は[7823]アートネイチャーから1株あたり14円の配当金をいただきました。保有株数は300株でして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は3,557円でした。なお、この記事を執筆している2018年1月10日現在の[7823]アートネイチャーの予想配当利回りは約3.6%となっています。

[7823]アートネイチャーの業績・配当金などのまとめ記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.