使い方次第で驚愕の優待利回り250%達成も!? 増配で高配当株式にもなった[8591]オリックスから株主優待と中間配当金です。 - 高配当株で配当金生活

使い方次第で驚愕の優待利回り250%達成も!? 増配で高配当株式にもなった[8591]オリックスから株主優待と中間配当金です。

今回は、本社は東京・浜松町にあるものの、たっちゃんの地元関西エリアで野球チームなど色々な事業を展開してくれていることから、個人的には贔屓にしている[8591]オリックスをご紹介することにしたいと思います。航空ファンの私としては、今年の4月から神戸空港が同社グループの経営になるというのが超注目点ですね。イマイチな空港という意見もあるのですが、個人的には潜在力の高い空港だと思っているので、これを機にブレイクしてほしいと思っています。


[8591]オリックス 株主通信 悠 No.54

オリックス 株主通信 悠 No.54

さて、今回はそんな[8591]オリックスから同社の中間報告書にあたる「悠 No.54」と、同社の株主優待の案内をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。なお、同社の株主優待制度といえば、実質カタログギフトの「ふるさと優待」の注目度が高いと思うのですが、そちらは今回は対象となっていません。興味のある方は、下記の過去記事も合わせてご覧いただければと思います。

[8591]オリックスの株主優待(3/9月 年2回)

5,000円相当の自社取引先取扱商品等(こちらは年1回)
■ 100株以上の全ての株主
☆ 通称『ふるさと優待』と呼ばれており、実質はカタログギフトです。

株主カード
■ 100株以上の全ての株主

[8591]オリックス 2017年3月期 ふるさと優待の過去記事

[8591]オリックス 2017年9月期 優待の一部

オリックス 2017年9月期 優待の一部

こちらは、同社の株主優待カードを提示することで受けられる[8591]オリックスグループの株主優待の一部です。こちらは、同社系列のオリックス・リビングが経営する「グッドタイム リビング」等の入居時費用の割引ですね。

こういう施設の初期入居代金といえば、4桁万円がかかるというのが常識的ですよね。その入居費用から30万円または50万円を割引してくれるのです。この記事を書いている時点の[8591]オリックスの投資単価が20万円程度なので、なんと優待利回りは最大250%となります。

もともとかかる金額からすると微々たるものではあるのですが、金額が金額だけに是非とも優待を利用したいところですよね。私もいずれは、親の介護でこういう施設を使う可能性はあるのかなと思っています。

[8591]オリックス 2018年3月期 中間配当金

オリックス 2018年3月期 中間配当金

さて、[8591]オリックスから1株あたり27円の中間配当金をいただきました。保有株数は100株でして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金は2,287円でした。なお、この記事を執筆している2018年1月8日現在の[8591]オリックスの予想配当利回りは約3.1%です。

[8591]オリックスの株主優待・業績・配当金などのまとめ記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.