国内電力株トップクラスの安定感も、実は高配当銘柄ではありません。3年連続実質増配中の[9511]沖縄電力から中間配当金。 - 高配当株で配当金生活

国内電力株トップクラスの安定感も、実は高配当銘柄ではありません。3年連続実質増配中の[9511]沖縄電力から中間配当金。

業績の安定感・配当の安定感・景気と業績の連動性の小ささの3点の理由から、配当金生活の初期の頃から好んで投資を行なっていた国内・米国電力株。国内の電力株については、震災以降「配当の安定感」については疑問符がつく銘柄も多くなってしまいましたが、それでも今回の記事でご紹介する[9511]沖縄電力や[9513]電源開発など今も安定感が残る銘柄はあります。

ただ、[9511]沖縄電力は良い銘柄であると思える一方で、決して高配当銘柄ではないということには注意が必要ですね。最近は増配傾向にある同社なので、配当利回りがついに2%程度に達しましたが、過去は1%台の利回りが当たり前という状況が続いていたこともありました。


[9511]沖縄電力 おきでん株主だより うふてぃ〜だ

沖縄電力 おきでん株主だより うふてぃ〜だ

さて、今回はそんな[9511]沖縄電力から、同社の株主報告書にあたる「おきでん株主だより うふてぃ〜だ」と、中間配当金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。今の寒い時期、こういう写真を見ていると沖縄に引っ越ししたくなってしまいますが、したらしたでそれで苦労することは色々ありそうですよね。

[9511]沖縄電力 株式分割絡みで実質増配です

沖縄電力 株式分割絡みで実質増配です

ここしばらくは1株=60円の配当水準が続いている[9511]沖縄電力。しかしながら、実は今期の配当は3期前に比べると2.5倍になっています。というのも、実は[9511]沖縄電力はこの3年間で3回も株式分割を行なっており、そのたびに配当は据え置いたため、実質増配となっているんですよね。このご時世、こんなに景気良く増配してくれる電力株は同社だけです。

[9511]沖縄電力 2018年3月期 中間配当金

沖縄電力 2018年3月期 中間配当金

さて、今回は[9511]沖縄電力から1株あたり30円の配当金をいただきました。保有株数は株式分割のおかげで前回比+20株の220株です。法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は5,590円でした。なお、この記事を執筆している2018年1月5日現在の[9511]沖縄電力の予想配当利回りは約2.0%です。

[9511]沖縄電力の業績・配当金などのまとめ記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.