業績は依然イマイチも、株価は急回復で配当利回りが8%から6%に急低下。米国百貨店超老舗の[M]メーシーズから配当金です。 - 高配当株で配当金生活

業績は依然イマイチも、株価は急回復で配当利回りが8%から6%に急低下。米国百貨店超老舗の[M]メーシーズから配当金です。

今年5月にその高い配当利回りにつられて購入した直後に、業績の下方修正でいきなりー20%台のスタートとなったというネタを披露してくれた米国百貨店大手の[M]メーシーズ

大損ネタは読者の皆様のウケが良いようで、2017年の海外株式PV数ランキングで[M]メーシーズは上位にランクインしていました。ただ、幸いにもその後株価は回復しておりまして、12月末時点では直近の安値から3割以上も上昇しています。読者の皆様としては大損していない、というのは面白くない展開かもしれませんけどね。


[M]メーシーズ 簡単なご紹介

私の保有する数少ない1文字ティッカーの銘柄の1つであり、創業200年近い超老舗の百貨店の一角である[M]メーシーズ。全米各地で現状では850店舗前後の店舗を展開しているのですが、100店舗の閉鎖計画を打ち出していることはニュースなどの報道でご存知の方も多いのではないかと思います。

同社の1株あたりの純利益は前期2017年1月期には2015年1月期の半分弱まで落ち込んでいます。また、全米最大手の百貨店ながら最近の業績が低調でありまして、その業績ともに、この数年間で株価も転がり落ちてしまいました。

アマゾン文化圏が成立している今の世の中で、正直なところ旧来の小売業が華麗に復活を遂げるとは考えられません。しかしながら、アマゾンの存在を前提にしつつ、天下の[M]メーシーズならばなんとかして利益を出してくれるのではないか?と期待してしまいます。まあ、ダメだったらそれはそれでブログのネタとしては美味しいということにしましょう。

[M]メーシーズ 過去5年間の株価推移


※ 上記の株価チャートはヤフーファイナンスより

[M]メーシーズの過去5年間の株価推移を見ておきます。2015年までは堅調だった同社の株価も、最近は対ネット通販での苦戦が言われるようになって、右肩下がりの推移となってしまいました。直近の2018年1月期の3Q決算は売上高はマイナスながら、利益ベースでは前年度比で+になっており、そろそろ底だと期待したいですね。

[M]メーシーズから配当金です

メーシーズから配当金です

さて、今回は[M]メーシーズから1株あたり0.3775$の配当金をいただきました。保有株数は186株でありまして、法人での源泉徴収税などを差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は53.63$でした。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせしますと、実際に受け取った配当金の金額は6,049円です。

なお、この記事を執筆している2017年12月28日時点での[M]メーシーズの配当利回りは約5.9%となっています。業績が低調傾向にある同社ですが、一時期よりは株価がかなり上昇してきています。いずれ「あのメーシーズが配当利回り8%もある時期があったんだよ。」と言われるほどの回復に期待したいですね。

[M]メーシーズ 銘柄紹介&各種指標など

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.