今回から株主優待が倍になりましたが、株価が上がりすぎて配当+優待利回りは低下です。[9936]王将フードサービスから2,000円分の株主優待券と配当金。 - 高配当株で配当金生活

今回から株主優待が倍になりましたが、株価が上がりすぎて配当+優待利回りは低下です。[9936]王将フードサービスから2,000円分の株主優待券と配当金。

関西エリアを地盤として、最近は全国に『餃子の王将』を展開している[9936]王将フードサービス。私が子供の頃は『安かろう悪かろう』というイメージを持ちつつも、安さには勝てず頻繁に利用していた記憶があります。

しかしながら、最近の『餃子の王将』のお店は自分が子供の頃と比べると美味しくなっているような気がするんですよね。子供の頃と比べるとグルメになったので、むしろ、食には厳しくなっていると思うんですけどね。また、味だけではなく、業績の方も以前の超イマイチ業績に比べてかなり向上させてくれています。全国区になってからの同社は、まるでディフェンシブ株ではないかと思えてしまうような推移ですね。


[9936]王将フードサービス 第44期 中間報告書

王将フードサービス 第44期 中間報告書

さて、今回は中華レストランの『餃子の王将』の全国展開ですっかり全国区となった会社である[9936]王将フードサービスから同社の事業報告書、中間配当金、株主優待券の3点セットをいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

新内容:[9936]王将フードサービスの株主優待 (3月9月/年2回)

京都王将の優待食事券
■ 100株以上:2,000円相当
■ 200株以上:3,000円相当
■ 500株以上:6,000円相当
■ 1000株以上:12,000円相当
※ 株主向け5%割引カードも合わせていただけます(3月のみ)

[9936]王将フードサービス 2017年9月権利確定分 株主優待券

私は[9936]王将フードサービスの株式を100株保有していますので、今回は2,000円分の餃子の王将のお食事券をいただきました。ちなみに、前回まではこの株数だと1,000円分のお食事券だったのですが、今回から優待の金額が2倍に増加しています。

[9936]王将フードサービス 2018年3月期 中間配当金

さて、今回は[9936]王将フードサービスから1株あたり60円の期末配当金をいただきました。保有株数は100株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は5,082円でした。

なお、この記事を執筆している2017年12月28日時点の[9936]王将フードサービスの配当利回りは約2.2%、優待利回りは約0.7%です。以前は高配当株式の時代もあった同社ですが、最近は優待利回りを足し合わせても高配当とまでは言えない水準になってしまいました。

[9936]王将フードの株主優待・業績・配当金などのまとめ記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.