1年半前はまさかの配当利回り8%の瞬間も。現在は減配&業績・株価の急回復で配当利回りは2%台にまで低下の[4980]デクセリアルズから中間配当金。 - 高配当株で配当金生活

1年半前はまさかの配当利回り8%の瞬間も。現在は減配&業績・株価の急回復で配当利回りは2%台にまで低下の[4980]デクセリアルズから中間配当金。

昔のソニーケミカルが2015年7月に再上場した会社で、今の名前としては上場企業としての歴史が浅い[4980]デクセリアルズ。再上場後はメイン事業のスマホ関係がイマイチ?という疑念もあったためか、株価は右肩下がりとなり、その見た目の高配当につられ購入した私は、涙目となっていました。

2016年6月のどん底の時には配当利回り8%の場面もあった[4980]デクセリアルズ。その後、業績減速が正式に発表となり、配当も55円→40円に減配されてしまいましたが、その後の業績のV字回復で株価は底値から2倍以上に躍進しました。底で泣きながらナンピンした私は、今度は歓喜の利益確定を行うこととなったのです。


[4980]デクセリアルズ デクセリアルズトーク Vol.5

デクセリアルズ デクセリアルズトーク Vol.5

さて、今回はそんな[4980]デクセリアルズから、同社の第6期の中間報告書にあたる「デクセリアルズトーク vol.5」と、同社の中間配当金をいただいていますので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

電子部品などを手がける同社は、もともとスマートフォン向けに強いという評判を見て購入したものなのですが、最近は上の表紙でもご紹介しているように、自動車領域への事業展開も行なっています。新しい事業の柱に育ってほしいものですね。

[4980]デクセリアルズ 今期の業績は大復活予定です

デクセリアルズ 今期の業績は大復活予定です

2018年3月期の中間期時点での連結業績は売上高が前期比4割程度の増加、経常利益は前期比4倍以上の大幅な増加となっています。実は、前期・2017年3月期が散々な業績だったので、7月に上方修正された今の予想でも2016年3月期の経常利益には届かないのですが、それでも落ち込んでいた業績が回復傾向に転じたということだけでも評価したいですね。

[4980]デクセリアルズ 2018年3月期 中間配当金

デクセリアルズ 2018年3月期 中間配当金

さて、今回は[4980]デクセリアルズから1株あたり20円の中間配当金をいただきました。保有株数は200株です。法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は3,388円でした。

なお、この記事を執筆している2017年12月28日時点の[4980]デクセリアルズの予想配当利回りは約2.8%です。1年半前の8%の時からは減配されてしまいましたが、株価はその時点から2倍以上に上昇しています。上でご紹介した業績の回復傾向を見ると、納得の株価上昇ですね。

[4980]デクセリアルズの業績・配当金などのまとめ記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.