足元の株価はまあまあ堅調ながら、業績の方はちょっと心配です。50年以上連続増配中の高配当株式[KO]コカ・コーラから配当金。 - 高配当株で配当金生活

足元の株価はまあまあ堅調ながら、業績の方はちょっと心配です。50年以上連続増配中の高配当株式[KO]コカ・コーラから配当金。

今回の記事では、このブログをご覧のほとんどの方がご存知ではないかと思われる超有名銘柄の[KO]コカ・コーラをご紹介することにしたいと思います。

50年以上の連続増配記録を継続中であり、世界的な知名度も非常に高いと思われる同社。しかしながら、最近は業績が苦戦傾向でありまして、前期・2016年12月期の配当性向は90%台にまで高まってしまいました。今期も3Qまでの累積EPSが0.92$でしかなく、昨年の通期の1.49$に届かない可能性がありますね。連続増配はそう簡単にはストップはしないと思うんですけどね。


[KO]コカ・コーラ 業績は苦戦傾向が続きます

広い意味で見るとヨコヨコ圏内ながら、最近の主力株の好調さのことを思うと物足りない業績の続く[KO]コカ・コーラ。新聞等でよく見る理由づけとしては、健康志向の高まりで、同社の炭酸飲料には向かい風であると言われますよね。

当然ながら、同社の経営陣たちもそれはわかっていることでありまして、最近の同社は健康志向の商品に力を入れています。今年、夏から米国市場で発売している『コカ・コーラ ゼロシュガー』もその1つですね。

[KO]コカ・コーラ 過去5年間の株価推移


※ 上記の株価チャートはヤフーファイナンスより

[KO]コカ・コーラの過去5年間の株価推移をみておきたいと思います。天下のダウ平均株価の採用銘柄で、世界中のほとんどの方が知っていると思われるほどの知名度の割には、ちょっと物足りない株価推移であると言えるのではないでしょうか。これも、前述のように業績が足踏み気味にあるからに他ならないのですが、それ故にここから新規で超メジャー銘柄を買いたいというのであれば、値ごろ感はあるのかもしれませんね。

[KO]コカ・コーラから配当金をいただきました

KO 配当金

さて、今回は[KO]コカ・コーラから1株あたり0.37$の配当金をいただきました。保有株数は120株でありまして、法人での源泉徴収税を差し引きした後の米ドル建てでの手取りは33.91$でした。日本円換算すると3,845円を受け取った事になります。なお、[KO]コカ・コーラの2017年12月21日現在の配当利回りは3.2%程度となっています。

[KO]コカ・コーラの銘柄紹介記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.