午後7時30分:香港エアポートエクスプレス。充電設備付きのサイレントカーで超快適に空港まで移動します。(たっちゃんの香港超弾丸日帰り旅行 その22) - 高配当株で配当金生活

午後7時30分:香港エアポートエクスプレス。充電設備付きのサイレントカーで超快適に空港まで移動します。(たっちゃんの香港超弾丸日帰り旅行 その22)

あと少しで切れてしまいそうな[9202]ANAHDのマイレージをなんとかして消化するために、子育てが大変な中家族に許可を取ってなんとか実行できたたっちゃんの香港超弾丸日帰り旅行。今回は、その旅行記の22回目の記事となります。

前回の記事では、香港内で最も高い室内展望台であるSKY100からの夕景と夜景をご紹介しました。今回からはついに帰路となりまして、まずは[00066]香港鉄路のエアポートエクスプレス(機場快綫)に乗車することにしたいと思います。帰路ではありますが、ここからがまだまだ長い記述となるのが私の旅行記の特徴なので、しばらくおつきあいください。

午後7時30分:九龍駅からエアポートエクスプレスに乗ります

午後7時30分:九龍駅からエアポートエクスプレスに乗ります

さて、今回は[00066]香港鉄路の九龍駅からエアポートエクスプレスに乗車して一気に空港まで移動したいと思います。この駅の特徴といえば、航空会社のチェックインカウンターがあることなんですよね。一定の時間まではここで搭乗の手続きをすることもでき、ここから先は手ぶらで空港に向かうこともできます。今回は元々荷物が少ないので、このサービスは利用しませんでした。

機場快綫 サイレントカーに乗ってみます

機場快綫 サイレントカーに乗ってみます

今回は、エアポートエクスプレスの『サイレントカー』に乗車してみることにしたいと思います。マークを見るとわかるように、この車両では静かにしていないといけないようですね。また、上の画像を見るにこの車両には充電設備もついているんでそうです。

機場快綫 1両目・サイレントカーの雰囲気

機場快綫 1両目・サイレントカーの雰囲気

さて、しばらく待っているとエアポートエクスプレスがやってきたので乗り込みました。今回乗車している1号車は一番前の車両でありまして、エアポートエクスプレスは編成が長いことから、改札から遠いこの車両は比較的空いている傾向にあります。今回もこんな感じで、ほとんどお客様は乗っていませんでしたね。

機場快綫 1両目・サイレントカー 充電設備

機場快綫 1両目・サイレントカー 充電設備

中には嬉しい方もいらっしゃると思われるサイレントカーの充電設備をご紹介します。残念ながら、日本と香港はコンセントの仕様が違うため、コンセントの方はそのまま使うことはできないのですが、同時についているUSBポートは利用することができますね。スマートフォンであればこのUSBポートさえあれば充電できますよね。私もこれからまだ長い旅路のことを思って、ちょっとだけですが充電を行いました。

機場快綫 香港国際空港に到着です

機場快綫 香港国際空港に到着です

さて、エアポートエクスプレスの九龍駅から空港まではたったの20分程度の短い旅路でありまして、気づいて見るともう香港国際空港に到着していました。快適な電車なので、本当であれば1時間くらい乗っていても良いくらいですね。その分、運賃は1,500円程度と高めなのですが、それくらいの価値はあるのではないかと思います。

たっちゃんの香港超弾丸日帰り旅行 前後の記事

■ 前の記事:香港で一番高い室内の展望台SKY100 夕景と夜景をご紹介
■ 次の記事:シンガポール航空シルバークリスラウンジの夕食食べ放題タイム

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.