午後6時30分:香港のSKY100。地上393Mから見る夕景と夜景をご紹介します。(たっちゃんの香港超弾丸日帰り旅行 その21) - 高配当株で配当金生活

午後6時30分:香港のSKY100。地上393Mから見る夕景と夜景をご紹介します。(たっちゃんの香港超弾丸日帰り旅行 その21)

あと少しで切れてしまいそうな[9202]ANAHDのマイレージをなんとかして消化するために、子育てが大変な中家族に許可を取ってなんとか実行できたたっちゃんの香港超弾丸日帰り旅行。今回は、その旅行記の21回目の記事となります。

ここしばらくは、2011年にオープンした香港で一番高い室内の展望台として知られているSKY100に関する記事が続いています。今回は、このSKY100のメインである『夕景』と『夜景』をご紹介することにしたいと思います。

午後6時30分:SKY100の展望台にやってきました

午後6時30分:SKY100の展望台にやってきました

さて、今回はSKY100の展望台からスタートすることにしたいと思います。本当であれば、このSKY100からは香港のキレイな夜景が360度にわたって見渡せるということになっているのですが、今回はこの場所でイベントが行われる都合上、東側のエリアが貸し切りになっていました。まあ、その分入場料が25%割引になっているので、悪いことばかりではないのですが、一番栄えている東側の九龍半島のエリアが見られないのは残念ですよね。

SKY100の展望台 夕方の景色(1)

SKY100の展望台 夕方の景色(1)

香港のイメージというと、人それぞれだと思うのですが、私は『港町』という印象が強いんですよね。貿易の拠点としても恵まれた位置にある香港は、港湾施設もきっちり整っており、貿易の船もびっくりするほど行き交いしています。そのことを踏まえて香港の海を見ると、ちょっと違った見え方になるかもしれませんね。

SKY100の展望台 夕方の景色(2)

SKY100の展望台 夕方の景色(2)

とはいえ、香港といえば一般的に思い浮かべるのはこの高層ビル群ではないかと思います。限られた土地に多くの人がすみ、ビジネスもしよう思うとどうしてもこういう街並みになってしまいますよね。

SKY100の展望台 夜の景色(1)

SKY100の展望台 夜の景色(1)

さて、しばらく待っていると日が暮れて夜景がキレイになってきました。とはいえ、建物の中の光が反射してしまうので、写真に撮影するとあまりキレイに撮影できていない気がします。こちらは、香港島側の景色を撮影したものですね。

SKY100の展望台 夜の景色(2)

SKY100の展望台 夜の景色(2)

そして、こちらは九龍半島側を撮影したものになります。ただ、前述のように一番栄えている東側ではなく、こちらはSKY100から北西側を見たものになりますね。この場所から北西側には、著名な観光地と言われる場所はありませんけれども、高層住宅などが立ち並んでいますよね。これも香港らしい風景と言えるでしょう。

たっちゃんの香港超弾丸日帰り旅行 前後の記事

■ 前の記事:香港で一番高い室内の展望台SKY100 エレベーターをご紹介
■ 次の記事:香港エアポートエクスプレス。充電設備付きのサイレントカーで快適移動

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.