今年秋の株価急騰時に売れずに残念!? システム開発系の[2307]クロスキャットから株主優待のクオカードです。 - 高配当株で配当金生活

今年秋の株価急騰時に売れずに残念!? システム開発系の[2307]クロスキャットから株主優待のクオカードです。

今回は、かつては5万円以下の売買単位で、そこそこの配当、かつ、クオカードの株主優待が魅力的だったソフトウエア開発系の銘柄、[2307]クロスキャットをご紹介することにしたいと思います。

『魅力的だった』というと今は魅力的じゃないの?というツッコミがあろうかと思います。実は、同社の株価は今年の秋に急騰しまして、一時は購入時から3倍程度の株価にまで駆け上がりました。今になって思うとそこで売っておくのもアリかと思ったのですが、結局はそこでは売れず、株価はその後に一気に30%ほど調整しています。今後、またブレイクすることはあるのでしょうか?

[2307]クロスキャット 株主優待(9月/年1回)

クオカード
■ 100株以上:500円相当
■ 500株以上:1,000円相当
■ 1,000株以上:2,000円相当
■ 2,000株以上:3,000円相当

[2307]クロスキャット 2017年9月権利確定分の株主優待 挨拶文

クロスキャット 2017年9月権利確定分の株主優待 挨拶文

さて、今回はそんな[2307]クロスキャットから2017年9月に権利が確定した分の株主優待をいただいています。今回は、中間報告書などが封入されていたわけではなく、この挨拶文と下記画像でご紹介するクオカードのみが封入されていました。

[2307]クロスキャット 2017年9月権利確定分の株主優待 クオカード

クロスキャット 2017年9月権利確定分の株主優待 クオカード

こちらが、[2307]クロスキャットの2017年9月に権利が確定した分のクオカードです。保有株数は最低単位の100株なので、クオカードは500円分のものとなっていますね。

なお、この記事を執筆している2017年12月10日現在の[2307]クロスキャットの予想配当利回りは約1.6%。100株の保有を仮定した時の優待利回りは約0.5%であり、今となっては利回り面の魅力もありません。冒頭でご紹介した株価高騰の時に売っておくべきだったと重ね重ね思いますね。まあ、こういう失敗は株式投資にはありがちなので慣れっこですけどね。

[2307]クロスキャット 業績・配当金などのまとめ記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.