さわかみファンドを3年2ヶ月積み立てて来た結果は・・。/さわかみ投信ネットサービススタートです☆ - 高配当株で配当金生活

さわかみファンドを3年2ヶ月積み立てて来た結果は・・。/さわかみ投信ネットサービススタートです☆

グーグル先生で長期投資というキーワードで検索するとさわかみ投信の澤上篤人さんのブログが1位に検索されるんですね。グーグルの検索は個人の検索履歴をある程度反映するようなので、みなさんのパソコンでも1位になるかどうかは分かりませんが、それだけ国内で長期投資といえばさわかみファンドという認識なのかもしれませんね。

私も、このさわかみ投信はその投資銘柄群を見ても比較的好みの投資信託でありました。配当金生活のポートフォリオでは、製造業の株式はあまり保有していないのですが、それは本来は製造業を好む私ではあるものの、製造業で高配当である株式があまりないからなんですよね。コレばかりは仕方ないことですけどね。

ということで、2009年4月に配当金生活のポートフォリオを組んで以降、さわかみ投信の積立を毎月5万円ずつ行うことにした訳なのです。自分のポートフォリオではどうしても薬品や通信・優待系の株式が中心となってしまうので、銘柄の分散も少しはできるかな〜と期待していたんですね。

しかしながら、過去3年の結果は・・・。

さわかみ投信3年2ヶ月の結果

しかしながら、先日届いた2012年9月末の残高詳細を見ると、ガッカリしてしまう結果でありました。3年2ヶ月・38回の積立で投資した金額は190万円にのぼっている訳なのですが、現在の評価額は1,587,935円に留まり、なんと312,065円のマイナスとなっています。なんと16.4%のマイナスなんですよね。

実際、2009年4月の日経平均株価は大体今と同じ8,500円程度の水準でありました。その頃から投資を始めた配当金生活のポートフォリオは、アメリカ株式とリートの好調に支えられる形で、時価で+7%程度、配当金で12%程度プラスになっていますので、合計+20%前後のプラスになったことになります。さわかみ投信が厚めに投資する製造業の株価がイマイチだったとは言え、コレはガッカリの結果ですよね。

さわかみ投信ネットサービス

それはともかく、ようやくさわかみ投信も時代の流れに追いつき、ネットサービスが始まるようです。今までは注文や積立金額の変更を行うのにいちいち電話をしなくてはならず、ネット時代の割には面倒であったのですが、ようやくほとんどの手続がネット上で完結することになるんですね。

現状は、他の投資信託よりもイマイチな成績推移に見えるさわかみ投信ですが、イマイチな成績ということは、他の投信よりも反発の余地が大きいという考え方もできます。そう思うと、今まで投資してこなかった方からすると、ここはさわかみ投信新規積立のチャンスかもしれませんね。といいつつ、私はさわかみ投信の積立は既に中止しており、11月から以下の2投資信託を新規で積立を行うことになりました。その顛末はどうなるのか?このブログでもご報告して行きたいと思います。

さわかみ投信の代わりに積み立てをはじめる予定の投資信託

■ セゾン投信セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド
■ ひふみ投信月々1万円からの資産形成ひふみ投信
両社とも、2口座とも口座開設と定期積立の申込を終え、両ファンドともに11月からの積立開始となりました。両ファンドの運用状況につきましては、定期的にこのブログ内でご報告していきたいと思っています。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.