実は意外に高い配当利回りが魅力的。株主優待制度もある[3543]コメダホールディングスからはじめての株主優待です。 - 高配当株で配当金生活

実は意外に高い配当利回りが魅力的。株主優待制度もある[3543]コメダホールディングスからはじめての株主優待です。

以前から愛知県を中心とする中京エリアに積極的に出店を行い、ご当地珈琲店として有名だったコメダ珈琲店。投資ファンドの傘下に入ってからは、全国出店へと方針を変えまして、今回の中間報告書をいただいた2017年8月時点でのデータでは、すでに店舗数は770を超えています。

以前は、私の住んでいる兵庫県ではほとんどお店を見かけなかったコメダ珈琲店ですが、兵庫県でもその出店が加速しておりまして、この記事を執筆している2017年12月時点で早くも28店舗もあるんだそうです。感覚的には兵庫県内だけでも100店舗くらいは出店する余地がありそうです。この調子で全国制覇はなるのでしょうか?


スポンサーリンク

[3543]コメダホールディングス 第4期 中間報告書

コメダホールディングス 第4期 中間報告書

さて、今回はそんな[3543]コメダホールディングスから同社の第4期中間報告書と、株主優待に中間配当金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

[3543]コメダホールディングスの株主優待(2月/8月 年2回)

自社の電子マネー
■ 100株以上:1,000円分
* 議決権を行使すると500円分が追加となります

[3543]コメダホールディングス 2017年8月権利確定分 株主優待

コメダホールディングス 2017年8月権利確定分 株主優待

私は[3543]コメダホールディングスの株式を100株保有していますので、1,000円分の電子マネーをいただきました。同社の株主優待は初回は上記のようにカードが届きまして、次回以降の電子マネーはこの中にチャージされるという仕組みになるんだそうです。ということで、このカードを無くしてしまうと大変ですよね。また、株主総会の議決権を行使すると優待金額が500円追加になるというのは面白いアイデアですよね。

[3543]コメダホールディングス 2018年2月期 期末配当金

さて、今回は[3543]コメダホールディングスから1株あたり25円の中間配当金をいただきました。保有株数は100株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は2,118円ということになりました。

なお、この記事を執筆している2017年12月7日時点の[3543]コメダホールディングスの配当利回りは約2.6%。100株保有で議決権を行使したことを仮定した時の年間の優待利回りは約1.3%です。極端に美味しい水準というわけではありませんが、優待銘柄としては合格点なのではないかと思います。

[3543]コメダホールディングスの株主優待・業績・配当金などのまとめ記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.