第3期以降の分配水準は12年間で上下たったの15%のブレ。その超安定感が魅力の[8968]福岡リート投資法人から分配金です。 - 高配当株で配当金生活

第3期以降の分配水準は12年間で上下たったの15%のブレ。その超安定感が魅力の[8968]福岡リート投資法人から分配金です。

配当金生活のポートフォリオの約12%、金額にするとおおよそ3,000万円程度の規模となっている国内リート。私が以前から好んで投資している資産クラスなのですが、個人的には投資対象が首都圏の物件ばかりというのはちょっと不満なんですよね。好き嫌いを考慮に入れないで、冷静に考えると地方物件より首都圏の物件の方が魅力的だと思うんですけどね。

それはさておき、今回の記事でご紹介する[8968]福岡リート投資法人は、国内リートの中では貴重な地域特化型のリートとなっています。自分としては、こういう地元愛溢れるリートはもっと色々と上場していても良いように思うのですが、現状は同社と[8977]阪急リートの2社くらいですよね。私はこの2社とも昔から贔屓にしています。


スポンサーリンク

[8968]福岡リート 第26期資産運用報告書

さて、今回は[8968]福岡リートから第26期の資産運用報告書と分配金をいただいていますので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。九州エリアの中心都市であり、日本を代表する都市の1つでもある福岡。福岡は規模でいうと関西エリアよりは小さいのですが、九州エリアの人・モノ・カネが集まる街だという利点はありますよね。投資対象としては魅力的だと考えています。

[8968]福岡リート 安定した分配水準と高い稼働率

福岡リート 安定した分配水準と高い稼働率

今回の資産運用報告書で運用期間が丸13年となった[8968]福岡リート。投資対象は一応九州全域となっているのですが、そのうち77%が福岡都市圏への投資となっています。その稼働率も一貫して高水準であり、分配水準も安定化した第3期以降で見ると3,243〜3、726円の間で収まっています。10年以上運営していてこれよりも狭い範囲で収まっている銘柄はないかもしれません。

[8968]福岡リート 第26期分配金

福岡リート 第26期分配金

さて、今回は[8968]福岡リートから1口あたり3,422円の分配金をいただきました。保有口数は6口でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った分配金の金額は17,388円でした。なお、2017年12月5日現在の[8968]福岡リートの分配利回りは4.1%程度となっています。個人的には評価している銘柄ですが、地方銘柄ということもあってか全リートのちょうど平均的な分配利回りということになりますね。

[8968]福岡リート 詳しい銘柄紹介記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.