かつては配当利回り5〜6%もあったゴム系専門商社。PF内騰落率3位の孝行銘柄[3176]三洋貿易から期末配当金です。 - 高配当株で配当金生活

かつては配当利回り5〜6%もあったゴム系専門商社。PF内騰落率3位の孝行銘柄[3176]三洋貿易から期末配当金です。

株式投資を行うにあたって、個別銘柄メインで考えている方の中には『その時に流行っている業種』にどうしても注目してしまうという方もいらっしゃるのではないかと思います。値上がり益で儲けようと思えば、それも良いことだと思うのですが、配当金メインでいこうと思うとそういう銘柄よりも『忘れ去られた業種』の方が良いと思うんですよね。

今回の記事でご紹介する[3176]三洋貿易は、株価を見ると結果的に値上がり益で儲かった銘柄ということになるのですが、もともとは5〜6%程度の超高配当利回りに注目して組み入れたものでした。また、同社のメインとしている事業が『ゴムなどの専門商社』という地味さも私好みだったんですよね。

[3176]三洋貿易 第71期定時株主総会招集通知

三洋貿易 第71期定時株主総会招集通知

今回は、そんな[3176]三洋貿易から第71期定時株主総会招集通知と期末の配当金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。この時期にいただくお手紙といえば、中間期の配当金という銘柄が多いのですが、同社は数少ない9月決算の会社なんですね。ということで、この時期に期末配当金ということになります。

[3176]三洋貿易 過去5年間の株価推移


※ 上記の株価チャートはヤフーファイナンスから引用

自分としては、まだまだ上場したてというイメージのある[3176]三洋貿易。ただ、同社の上場は2012年10月のことだったので、もう5年は経ったということなのですね。私は同社の上場直後にPFに組み入れしているので、もう保有期間は5年を超えているということになるのですか。

さて、色々な銘柄を保有していると結果的に大成功となる銘柄もあり、大コケになってしまう銘柄もあります。上の株価チャートを見ていただくとわかるように[3176]三洋貿易は、成功した方の銘柄ということになりますね。ゴムなどの専門商社という地味な同社がここまで株価が上がるとは、株式投資というのは難しいものです。

[3176]三洋貿易 2017年9月期 期末配当金

三洋貿易 2017年9月期 期末配当金

さて、今回は[3176]三洋貿易から2017年9月期の期末配当金として、1株あたり31円の配当金をいただきました。保有株数は100株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は2,626円ということになりました。

なお、この記事を執筆している2017年12月5日現在の[3176]三洋貿易の予想配当利回りは約2.4%です。同社の2012年の上場時から株価が5倍に伸びているので、増配傾向にある同社でもさすがにこの配当利回りにまで落ち込んでしまいますね。

[3176]三洋貿易 詳しい銘柄紹介記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.