たっちゃんのポートフォリオで堂々の騰落率トップの銘柄です。ギリギリ高配当株式の[3817]SRAHDから中間配当金です。 - 高配当株で配当金生活

たっちゃんのポートフォリオで堂々の騰落率トップの銘柄です。ギリギリ高配当株式の[3817]SRAHDから中間配当金です。

現在、国内株式・国内株式・リートなどを合わせると150銘柄以上に投資を行なっている私たっちゃん。そんな私が投資している銘柄の中で、2017年12月現在堂々の騰落率トップとなっている銘柄が今回の記事でご紹介する[3817]SRAHDです。

独立系のシステム開発企業である同社。私自身はパソコンはプリンタの設定すらできないほどの音痴なのですが、システム開発は21世紀のインフラ企業だと勝手に思い、配当金生活の初期の頃に色々と組み入れたんですよね。現在、騰落率2位もおなじくシステム系の[8096]兼松エレクトロニクスであり、今のところはシステム系への銘柄への投資は成功していると言えると思います。

[3817]SRAHD 2018年3月期 中間期株主通信

SRAHD 2018年3月期 中間期株主通信

さて、今回はそんな[3817]SRAHDから2017年8月期のの第2四半期株主通信をいただいていますので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。以前から四半期ごとにお知らせを送ってきてくれる『しっかりとした』会社という印象の同社ですが、1回あたりの案内は非常に薄くなっています。たったの4ページ相当でしかないのですが、個人的には読みやすくて良いと思いますね。

[3817]SRAHD 業績はヨコヨコ傾向です

SRAHD 業績はヨコヨコ傾向です

2011年にPFに組み入れた頃と比べると株価は5倍程度にまで上昇している[3817]SRAHD。当然ながら、業績も伸びてはいるのですが、ここまで株価が上がるほどにぶっ飛んだ業績の伸びであるようには思わないんですよね。ただ、同社は2014年3月期までの40円配当に対し、今期は110円配当にまで配当が伸びています。この豪快な増配幅が好感されているのかもしれませんね。

[3817]SRAHD 2018年3月期 中間配当金

SRAHD 2018年3月期 中間配当金

さて、今回は[3817]SRAHDから1株あたり40円の配当金をいただきました。保有株数は200株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は6,775円でした。なお、この記事を執筆している2017年12月2日現在の[3817]SRAHDの予想配当利回りは約3.0%となります。

[3817]SRAHDの詳しい銘柄紹介記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.