ネット通販の隆盛もなんのそのの最高益更新です。[3048]ビックカメラから9,000円分の株主優待券と期末配当金。 - 高配当株で配当金生活

ネット通販の隆盛もなんのそのの最高益更新です。[3048]ビックカメラから9,000円分の株主優待券と期末配当金。

最近はアマゾンを筆頭とするネット通販の影響を大きく受けているという小売業界。ただ、私が保有する銘柄の中では米国小売株については大惨事となっている銘柄が多いものの、その一方で国内の小売銘柄については意外に踏みとどまっているものが多いように思います。日本でもネット通販の影響があることは間違いないのですが、まだ日本人は比較的実店舗で買い物するということなのかもしれませんね。

さて、今回の記事でご紹介する[3048]ビックカメラは、そのインターネット通販の自社通販サイトの利用の拡大などもあって、2017年8月期の売上高は前期比でちょっとだけ拡大、そして純利益の方は過去最高益となっていました。今期もその好調さを維持できるかに注目ですね。


スポンサーリンク

[3048]ビックカメラ 第37期期末報告書

ビックカメラ 第37期期末報告書

さて、今回はそんな[3048]ビックカメラから第37期の期末報告書、株主優待券、期末配当金の3点セットをいただいていますので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。同社といえば、何と言ってもその注目は株主優待制度だと思いますので、早速その内容をご紹介したいと思います。

[3048]ビックカメラの株主優待(2月8月 年2回)

買物優待券(1,000円)
■ 100株以上:2月2枚・8月1枚
■ 500株以上:2月3枚・8月2枚
■ 1,000株以上:2月5枚・8月5枚
■ 10,000株以上:2月25枚・8月25枚
※ 8月権利では1年以上の保有で年1枚・2年以上の保有で年2枚追加されます。

[3048]ビックカメラ 2017年8月権利確定分株主優待券

ビックカメラ 2017年8月権利確定分株主優待券

私は[3048]ビックカメラの株式を300株(3名義分)保有しています。いずれも長期保有になりますので、今回は各名義から3,000円分、合計で9,000円分の株主優待券をいただきました。今の所は、子供のおもちゃを買うために消化しようと思っていますが、パソコンや備品など、他に必要なものが思い浮かべばそれを購入することになると思います。

[3048]ビックカメラ 優待券を利用してMacをお買い上げ

[3048]ビックカメラ 期末配当金

さて、今回は[3048]ビックカメラから1株あたり7円の配当金をいただきました。保有株数は個人・法人合わせて300株でありまして、個人・法人それぞれの源泉徴収税を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は1,709円となりました。優待金額が9,000円で配当がこの金額であると思うと、あくまで同社は優待メインの銘柄と言えそうですね。

なお、この記事を執筆している2017年11月30日時点の[3048]ビックカメラの予想配当利回りは約0.8%、優待利回りは長期保有を前提としない場合は100株保有時で約2.1%。長期保有を前提とすると約3.5%にまでアップします。それでも、以前の株価激安の頃を比べると魅力は低下してしまっていますね。

[3048]ビックカメラの株主優待・業績・配当金などのまとめ記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.