投資口価格が下がって分配利回りはついに4%前後に。久しぶりに買い増しを行なった[8954]オリックス不動産投資法人から分配金です。 - 高配当株で配当金生活

投資口価格が下がって分配利回りはついに4%前後に。久しぶりに買い増しを行なった[8954]オリックス不動産投資法人から分配金です。

2017年に入って一時期よりは軟調に推移してしまっているリート市場。今年1月には1,800台もあった東証リート指数が、それ以降はほぼ一貫して右肩下がりの推移となってしまっていますね。投信からの売却が出る、株価が上がっているから乗り換えが出ているなど理由づけは色々されていますが、どれが正解かというのは結局わかりませんよね。

それはさておき、今回の記事では国内リート市場で超老舗の銘柄の一角である[8954]オリックス不動産投資法人をご紹介したいと思います。アベノミクス相場以降の活況の中で利益確定する一方でしたが、今年8月に久しぶりに買い増しを行なったリート銘柄の1つです。


スポンサーリンク

[8954]オリックス不動産投資法人 第31期資産運用報告書

オリックス不動産投資法人 第31期資産運用報告書

さて、今回は[8954]オリックス不動産投資法人から、第31期の資産運用報告書と分配金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。

いわゆる総合型のリートの中では最も古くから上場している銘柄である[8954]オリックス不動産投資法人。時価総額も全ての国内リートの中でトップ10に食い込んできています。総合型のリートと言いながら、オフィスへの投資割合が5割台の後半とちょっと高めなことについては好みが分かれるところかもしれませんね。

[8954]オリックス不動産投資法人 賃料増額改定続々?

オリックス不動産投資法人 賃料増額改定続々?

ここ5〜6年ほどは活況と言われていた不動産市況ですが、そろそろ危ういのでは?という意見もちらほらと聞かれてきました。とはいえ、最近の[8954]オリックス不動産投資法人の賃料改定は好調でありまして、上の画像でご紹介しているラウンドクロス秋葉原は、テナント交代を機に賃料が44%もアップしたんだそうです。

そういう景気の良い話は東京近辺に限ったことなのかな・・と思いきや、私の地元・関西エリアのオリックス淀屋橋ビル(大阪)でも、テナントの入れ替えの際に賃料16%の増額に成功したんだとか、関西エリアでも不動産はそれなりに好況なのですね。

[8954]オリックス不動産投資法人 第31期の分配金

オリックス不動産投資法人 第31期の分配金

さて、今回は[8954]オリックス不動産投資法人から1口あたり3,230円の分配金をいただきました。保有口数は5口でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った分配金の金額は13,677円ということになりました。なお、この記事を執筆している2017年11月22日時点での[8954]オリックス不動産投資法人の分配利回りは4.0%前後です。

[8954]オリックス不動産投資法人の銘柄紹介記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.