午後4時半:謎のケネディタウンを散策。イオンのお弁当専門店Bento Expressを見つけたのでご紹介します。(たっちゃんの香港超弾丸日帰り旅行 その16) - 高配当株で配当金生活

午後4時半:謎のケネディタウンを散策。イオンのお弁当専門店Bento Expressを見つけたのでご紹介します。(たっちゃんの香港超弾丸日帰り旅行 その16)

あと少しで切れてしまいそうな[9202]ANAHDのマイレージをなんとかして消化するために、子育てが大変な中家族に許可を取ってなんとか実行できたたっちゃんの香港超弾丸日帰り旅行。今回は、その旅行記の16回目の記事となります。

前回の記事では、香港を代表する大学の1つである香港大学をご紹介しました。今回は、前回いた香港大学から地下鉄を1駅だけ乗車しまして、香港島の北側を東西に走っているMTR港島線の西の終点である堅尼地城(ケネディタウン)を訪れることにしたいと思います。

午後4時半:堅尼地城駅にやってきました

午後4時半:堅尼地城駅にやってきました

さて、今回は前回の記事に引き続き、香港島の北部を東西に走る地下鉄港島線のうち、2014年12月に新しく開通した駅の1つである堅尼地城駅にやってきました。観光地としては特筆すべき点はないエリアではあるのですが、そういう地域だからこそ、地元の人の暮らしを垣間見ることができるのではないか?と思い、こちらのエリアにやってきています。

堅尼地城駅 駅前の様子

堅尼地城駅 駅前の様子

香港島の北部の一番西のエリア、というと一見都心からすごく遠くまで来てしまったように思えるのですが、そもそも中心部の中環駅から4駅しか来ていませんので、まだまだ人口の多いエリアではありますね。香港島内の都会であれば、どこでも高層マンションだらけとなっているのですが、堅尼地城駅の駅前もこんな感じで高層マンションが乱立しています。

堅尼地城駅 駅前の市場

堅尼地城駅 駅前の市場

堅尼地城駅の駅前にはかなり大規模な市場があります。中の写真もいくつか撮影したので、独立した記事にしようかなとも思ったのですが、特筆すべき点もなかったので、この看板の紹介だけに留めておきたいと思います。

堅尼地城駅 イオンのお弁当屋さん

堅尼地城駅 イオンのお弁当屋さん

さて、堅尼地城駅から徒歩2分くらいのところに、イオンのお弁当屋さんである『Bento Express』というお店が出店されていました。こちらは、日本で見るようなお弁当屋さんに近いものでありまして、雰囲気的にはイオン系列のオリジン弁当に近いものであると思います。ただ、オリジン弁当のような惣菜の量り売りは行なっていませんでした。

Bento Express サーモンのお寿司が人気です

Bento Express サーモンのお寿司が人気です

最近は、海外でも人気の日本食となっているお寿司。このお店でも、お寿司コーナーが設けられていまして、こんな感じで色々とお寿司が販売されていました。ただ、日本のお寿司とは違ってサーモンの比率がやたらと高いように思いますね。それだけ売れるんでしょうね。なお、サーモン8貫入りのパックは45HKドル(約630円)となっていました。

堅尼地城駅 QB HOUSEがありました

堅尼地城駅 QB HOUSEがありました

Bento Expressからもう少しだけ北に歩くと、今度は日本でもおなじみの散髪屋さんであるQB HOUSEがありました。台湾でもちょくちょく見かけるチェーン店ですね。お値段は60HK$(約840円)となっています。香港は日本に比べると家賃が高そうという印象ですが、果たしてこのお値段でもやっていけているのでしょうか?

堅尼地城駅 香港らしいタワーマンションの工事中

堅尼地城駅 香港らしいタワーマンションの工事中

1つ前の香港大学の記事とオチが被ってしまうのですが、やはり堅尼地城駅の最後の写真としてはこちらをご紹介することにしたいと思います。こちらは、おそらくはタワーマンションの定期修繕工事だと思うのですが、香港らしい竹の足場がびっちり組まれていることがわかりますよね。ここまで綺麗に組めていたら、工事終了後に片付けるのが惜しくなってしまうほどです。芸術ですよね。

たっちゃんの香港超弾丸日帰り旅行 前後の記事

■ 前の記事:香港1のエリート校 香港大学の探索
■ 次の記事:香港島の北側を東西に走っている路面電車(香港トラム)をご紹介

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.