分配利回りは安定の3%前後をキープしています。[1677]上場インデックスファンド海外債券から最新の分配金です。 - 高配当株で配当金生活

分配利回りは安定の3%前後をキープしています。[1677]上場インデックスファンド海外債券から最新の分配金です。

今回は、実は意外に老舗の国内ETFである[1677]上場インデックスファンド海外債券をご紹介することにしたいと思います。後述するように、信託報酬0.27%程度で世界の債券に分散投資できるETFであるこの商品。その登場時はインデックス系の投信の品揃えがイマイチだったので、信託報酬などのコストが低い良い商品だったと思うのですが、最近は投資信託の方がコストが低くなってきています。

私のように配当金で生活している人ならともかくとして、本来、長期投資であれば分配を受け取らない方が理にかなっているので、[1677]上場インデックスファンド海外債券の役目はすでに終わっているのかもしれませんね。


スポンサーリンク

[1677]上場インデックスファンド海外債券 5つのポイント

シティ世界国債インデックス(除く日本、ヘッジなし・円ベース)に連動を目指す上場投資信託(ETF)です。(日興アセットマネジメントの公式ウェブサイトから引用)

・投資対象:主に先進国通貨建ての国債
・参考指数:シティ世界国債インデックス(除く日本)
・決算日:毎月
・信託報酬:0.27%
・分配金利回り:約3.1%

[1677]上場インデックスファンド海外債券 過去5年間の投資口価格推移


※ 上記の投資口価格チャートはヤフーファイナンスから引用

[1677]上場インデックスファンド海外債券の過去5年間の投資口価格チャートを見ておきます。債券にしては値動きが意外に大きいという印象をお持ちになる方もいらっしゃると思いますが、実際のところ、円=米ドルの推移だけを考えてもこの10年間で70円台になったり、120円になったりと忙しい値動きをしているので、それについては致し方ないことなのかもしれません。

私の[1677]上場インデックスファンド海外債券へ投資するにあたっての基本的戦略としては、投資口価格が高い時に利益確定、投資口価格が低い時に買い戻しという感じで、うま〜く逆張りしたいと思うのですが、それがうまくできる人なのであれば、配当金生活なんかしなくてもトレードで食べていけますよね。

[1677]上場インデックスファンド海外債券 今回の分配金

上場インデックスファンド海外債券 今回の分配金

さて、今回は[1677]上場インデックスファンド海外債券毎月分配から1口あたり137円の分配金をいただきました。今回の権利確定時の保有口数は20口でありまして、個人での源泉徴収税20.315%を差し引きしますと、実際に受け取った分配金の金額は2,184円ということになりました。なお、2017年10月24日現在での実績分配利回りは3.1%程度となっています。

[1677]上場インデックスファンド海外債券 詳細な解説記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.