今年の年末に向けて10万人を臨時雇用。実は意外に堅調!? 4%台の高配当米国小売株の[TGT]ターゲットから四半期配当金です。 - 高配当株で配当金生活

今年の年末に向けて10万人を臨時雇用。実は意外に堅調!? 4%台の高配当米国小売株の[TGT]ターゲットから四半期配当金です。

今回の記事では、米国ディスカウントストアの大手で、4%台の高配当株式でもある[TGT]ターゲットをご紹介することにしたいと思います。最近は米国小売業の株価は苦しい値動きのところが多いのですが、[TGT]ターゲットについては、今年の年末商戦に向けて昨年より3万人多い10万人を臨時雇用するというニュースが流れ、比較的業績が堅調なのでは?という報道もなされていますね。株価もそろそろ底ということになるのでしょうか?

[TGT]ターゲット 簡単なご紹介

最近はネット通販のアマゾンに押されて苦しいと言われている米国小売株。小売系の銘柄の株価は低迷してしまっているところが多く、大手の中で元気なところといえばネット通販も意外に成功しているという[WMT]ウォルマートくらいしかないように思いますね。

そんな中、見た目の高配当に騙されて今年に入ってからポートフォリオに加わった小売系の銘柄がいくつかあったのですが、その銘柄たちはいずれも購入直後から大きく株価が下落してしまい、今回の記事の主題の[TGT]ターゲットは、今年夏の時点では上の記事のように小売株ダメダメ3兄弟と名付けられてしまったこともありました。

[TGT]ターゲット 過去5年間の株価チャート


※ 上記の株価チャートはグーグルファイナンスから引用 2017年10月9日記録

前述のように、ここ1年くらいで高配当に釣られてポートフォリオに加わったものの、ダメダメ株コレクションの品揃えを増やしただけとなってしまっている米国小売株。ただ、今回の記事でご紹介する[TGT]ターゲットだけは、一時期の超低迷からは抜け出しておりまして、10月中旬時点では含み益水準に復帰することもちょくちょくあります。アマゾン・アマゾンと言われている時が底だったと信じたいところですね。

[TGT]ターゲット 今回の四半期配当金

ターゲット 今回の四半期配当金

さて、今回は[TGT]ターゲットから1株あたり0.62$(前回比+0.02$)の配当金をいただきました。保有株数は88株でありまして、法人での源泉徴収税などを差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は41.74$ということになりました。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせしますと、実際に受け取った配当金の金額は4,700円です。なお、2017年10月9日現在の[TGT]ターゲットの配当利回りは約4.3%です。

[TGT]ターゲットの業績・配当金などのまとめ記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.