未だに原子力発電所の比率が6割程度に達している米国大手高配当電力株。[EXC]エクセロンから四半期の配当金です。 - 高配当株で配当金生活

未だに原子力発電所の比率が6割程度に達している米国大手高配当電力株。[EXC]エクセロンから四半期の配当金です。

日本でもその可否が話題となり続けている原子力発電所。国によっては、原発を今でも推進しているところもありますが、アメリカでは過去に事故を起こしたことがあるためか、原子力発電所の新設にはそれほど積極的ではありませんよね。

そんな中、今回の記事でご紹介する米国大手電力株の1つである[EXC]エクセロンは、こんな時代にあっても発電量のうち、原発の比率が6割程度に達している会社です。このこと自体は逆風だと思うのですが、その分投資時点では配当利回り面で妙味がありましたので、PFに加わったのでした。


スポンサーリンク

[EXC]エクセロン 保有米国電力株で唯一減配の銘柄です

米国の電力株の中では売上高1位の[EXC]エクセロン。米国公共株好きの私であれば、真っ先に配当金生活のポートフォリオに組み入れそうな銘柄なのですが、実は配当金生活初期の頃はこの銘柄を組み入れていなかったんですよね。

というのも、過去2012年12月期には[EXC]エクセロンの配当水準は1株=2.10$だったところ、2013年12月期には1.46$に、2014年12月期には1.24$減配されてしまったと、いう過去があったためなのです。その後、この1.24$の配当水準はさすがにキープできるだろうということに期待して、1.24$への減配後に購入したのです。

[EXC]エクセロン 過去5年間の株価推移


※ 上記の株価チャートはグーグルファイナンスから引用 2017年10月7日記録

上記でご紹介したように、過去には減配されてしまったこともある[EXC]エクセロン。そういう過去もあってか、リーマンショック前の株価の最高値と比べると、まだ株価水準はその半分にも届いていないのですが、すでに減配を通過したあとの最近5年間はこれはこれである意味電力株らしい安定の推移となっています。昔から保有していた人の中には大損という方も少なくはないのでしょうが、ここ5年で同社の株式を購入したという方は、ほとんどの方がマイナスになっていないという状況ですね。

[EXC]エクセロンから配当金です

EXC 配当金

さて、今回はExelon Corporationから1株あたり0.3275$の配当金をいただきました。保有株数は145株でありまして、個人での源泉徴収税などを差し引いた後の手取り額は36.27$でした。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせますと、4,085円を受け取った事になります。なお、2017年10月7日現在の配当利回りは約3.4%となっています。

[EXC]エクセロン 銘柄紹介ページ

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.