自分としては電力株扱いですが、発電は行なっていません。米国高配当電力株の[CNP]センターポイント・エナジーから配当金。 - 高配当株で配当金生活

自分としては電力株扱いですが、発電は行なっていません。米国高配当電力株の[CNP]センターポイント・エナジーから配当金。

今回の記事では、アメリカの公共系の株式の1つである[CNP]センターポイント・エナジーをご紹介することにしたいと思います。S&P500の採用銘柄ではあるものの、その500銘柄の中では比較的小粒な同社。時価総額の大きい公共株から順番に投資を行ってきた私の保有銘柄の中では、新米株の1つということになりますね。

[CNP]センターポイント・エナジー 簡単なご紹介

さて、今回の記事でご紹介する[CNP]センターポイント・エナジーは、米国の公共株の中で売上高も時価総額も20位前後の会社です。私が保有する米国の公共系の株式の中ではもっとも規模の小さいグループに属する銘柄の1つということになりますね。

同社は、基本的には『電力株』扱いということで私は投資しているのですが、実は同社のメインとする事業は『電力送配電』なんですよね。つまり、発電は行なっていないということなのです。日本に比べると電力事業の自由化が進んでいるアメリカらしい上場企業ということなのかもしれませんね。

[CNP]センターポイント・エナジー 過去5年間の株価チャート


※ 上記の株価チャートはグーグルファイナンスから引用 2017年10月7日記録

当ブログでご紹介する米国電力株は過去5年間の株価推移が比較的おだやかなものが多いのですが、[CNP]センターポイント・エナジーは2015年の後半にかけて一気に株価水準を下げ、そのあとで急回復という忙しい流れになっています。売上高も営業利益もずっと堅調なので、謎の株価下落?と思える方もいらっしゃると思うのですが、実際は2015年12月期が特殊要因で1株あたり純利益がマイナスになっていたということが理由の1つなんでしょうね。

[CNP]センターポイント・エナジー 今回の四半期配当金

センターポイント・エナジー 今回の四半期配当金

さて、今回は[CNP]センターポイント・エナジーから1株あたり0.2675$の配当金をいただきました。保有株数は192株でありまして、法人での源泉徴収税などを差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は39.23$ということになりました。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせしますと、実際に受け取った配当金の金額は4,419円です。なお、2017年10月7日現在の[CNP]センターポイント・エナジーの配当利回りは約3.7%です。

[CNP]センターポイント・エナジーの業績・配当金などのまとめ記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.