午前12時:ついに香港とマカオが橋で結ばれます。空から世界最長水上橋になる予定の港珠澳大橋を見学。(たっちゃんの香港超弾丸日帰り旅行 その7) - 高配当株で配当金生活

午前12時:ついに香港とマカオが橋で結ばれます。空から世界最長水上橋になる予定の港珠澳大橋を見学。(たっちゃんの香港超弾丸日帰り旅行 その7)

あと少しで切れてしまいそうな[9202]ANAHDのマイレージをなんとかして消化するために、子育てが大変な中家族に許可を取ってなんとか実行できたたっちゃんの香港超弾丸日帰り旅行。今回は、その旅行記の7回目の記事となります。

前回の記事では、ANA859便 羽田空港発香港行きのビジネスクラスの機内食以外のサービスをご紹介しました。そして、今回の記事では香港に到着して観光がスタート!と思いきや、まだ香港には到着しません。今回の記事では、今年2017年内にも開通することが予定されている港珠澳大橋という橋をご紹介することにしたいと思います。

午前12時:まもなく香港国際空港に到着です

午前12時:まもなく香港国際空港に到着です

さて、港珠澳大橋と言われてもなんのことやら!?という方がほとんどなのではないかと思います。実は、この橋は香港の国家的プロジェクトでありまして、香港とマカオを結ぶ世界最長の水上橋なんですよね。その全長はなんと55キロでありまして、2009年からの長きに渡って建設が進められていたものなのです。

マカオというと、今まではマカオ航空などの直行便を使わない場合は、香港からフェリーで行く必要があり、旅情はあるものの意外に面倒でした。また、所要時間も1時間ほどかかっていたんですよね。これが、この橋の開通のおかげで所要時間わずか30分となる予定です。香港からのマカオ日帰りツアーの人気が高まりそうですね。

奥の方にマカオが見えます

奥の方にマカオが見えます

さて、前述のように意外に香港から近いマカオ。今回は、マカオ側から香港の国際空港に着陸するルートを取っているのか、こんな感じでマカオを綺麗にみることができました。

港珠澳大橋はほとんど完成しているそうです

港珠澳大橋はほとんど完成しているそうです

マカオからちょっと沖の方に目をやると、こんな感じで延々と橋がつながっているのがわかります。海底部分も含むとはいえ、全長55キロの橋なので遠くから見ても非常に目立つ建造物となっていますね。12月の開業が楽しみですね。

港珠澳大橋 海ほたる的なもの?

港珠澳大橋 海ほたる的なもの?

さて、港珠澳大橋は陸から陸まで一直線に橋がつながっているわけではなく、一部は海底を走る部分もあるようです。マカオから見て、海底に入る直前のところには、こんな感じで人口島が作られていました。東京湾アクアラインでいう海ほたる的なものを作るのでしょうか。観光ツアーでも定番のスポットとなるかもしれませんね。

間も無く香港に到着です

間も無く香港に到着です

ということで、間も無く香港国際空港に着陸というところまでやってきました。次回以降の記事では、ついに香港に到着して、観光をスタートさせることにしたいと思います。

たっちゃんの香港超弾丸日帰り旅行 前後の記事

■ 前の記事:ANA859便 ビジネスクラス 機内食以外のサービスをご紹介
■ 次の記事:エアポートエクスプレスのチケットを並ばないで買う裏ワザ発見?

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.