最近は滅多に見られなくなった高めの利率の先進国債券。利率5.25%のオーストラリア国債から利金です。 - 高配当株で配当金生活

最近は滅多に見られなくなった高めの利率の先進国債券。利率5.25%のオーストラリア国債から利金です。

今回は、当ブログとしては久しぶりの生の債券の話題となります。ご紹介するネタは生の債券なのですが、最近の正直なところを申し上げますと、インデックスファンドの量的・質的な向上と、信託報酬の低下により、長期的な資産形成を行うのであれば、分配金の支払われない『インデックスファンド』の方が生の債券よりも魅力的だと思います。

ただ、私の場合はあくまで配当金生活がメインなので、分配金の全く支払われないインデックスファンドよりも、分配金や利金のあるETFや生の債券に投資していきたいところです。


スポンサーリンク

オーストラリア国債はこれからもちょくちょく買う予定です

さて、どうしても『分配金か利金のある海外債券』に投資したいというのであれば、基本的には海外ETFがオススメとなります。私が保有している商品の中で一番堅実だと思うものは、上記記事でご紹介している[AGG]iシェアーズ・コア 米国総合債券市場 ETFですね。分配利回りは2%台でしか過ぎませんが、政府系を中心とする投資適格債券で構成されているだけあって、値動きもかなり手堅い商品です。

そして、今回の記事でご紹介している『オーストラリア国債』などの生の債券も、本当は積極的に投資したいと思っています。ただ、生の債券は『購入した瞬間に利回りが確定してしまう』という利点とも欠点とも呼べる点がありまして、これが故にできるだけ高い利回りの時に購入したいものです。現状は、先進国国債の利回りはどこもイマイチなので、なかなか新規で購入するチャンスはありませんよね。

オーストラリア国債から利金をいただきました

オーストラリア国債から利金をいただきました

さて、今回はそんなオーストラリア国債から利金をいただきました。今回、利金をいただいたオーストラリア国債の元本は11,000オーストラリアドル分、債券の利率は5.25%です。個人での源泉徴収税20.315%を差し引きしまして、実際に受け取った利金は230.12オーストラリアドルでした。この記事を執筆している時点での為替レートで換算すると20,311円を受け取ったことになります。

SMBC日興証券で販売中のオセアニア系の債券

SMBC日興証券で販売中のオセアニア系の債券
* 上記の画像はSMBC日興証券のウェブサイトから

上記の画像では、この記事を執筆している10月5日時点でのSMBC日興証券で販売中のオセアニア系の債券をご紹介しています。最近は、オセアニア系の国の長期金利も低迷しておりまして、あまり債券が売れないからか、オーストラリア・ニュージーランドの国債については全く取り扱いがありませんね。

上記の販売中の債券を見てみると、一番利回りの高いものはは『世界銀行のゼロクーポン債』で期間9年2ヶ月、利回り3.48%となっています。悪くはないですが、積極的に買いに行こうとまでは思えない利回りですね。やはり4%台以上はほしいところです。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.