香港の高配当電力株[00006]電能実業。株価70HK$なのに8HK$台の特別配当を実施して、結果的に株価も大暴れでした。 - 高配当株で配当金生活

香港の高配当電力株[00006]電能実業。株価70HK$なのに8HK$台の特別配当を実施して、結果的に株価も大暴れでした。

配当金生活のポートフォリオでは、投資金額の19%を海外株式に振り向けることとなっているのですが、現状はその投資金額のほとんどが米国株となっています。米国は世界の経済の中心なので、海外株が米国株だらけというのも悪くはないと思うですが、実は国内ではネット証券を通じて比較的香港株も買いやすい環境にありますので、チャンスがあれば香港株も組み入れたいと思っているんですよね。

この記事を執筆している2017年10月現在の保有香港株の銘柄数はまだ5でしかありませんが、上記の本を毎回購入して何か良いものはないか勉強はしています。今回の記事では、その5つしかない香港株の1つである[00006]電能実業をご紹介することにしたいと思います。


スポンサーリンク

[00006]電能実業 簡単なご紹介

電能実業 簡単なご紹介

[00006]電能実業は、会社名から『もしかすると電力株?』と想像される方も多いのではないでしょうか。それは、その想像通りでありまして、同社は電力系を中心とするインフラ事業に投資する投資会社ということになりますね。もともとは、香港の電力事業をメインとしていた会社なのですが、今はその事業はスピンオフして別会社となってしまいました。

ただ、同社はもともと海外展開に積極的な会社でありまして、香港事業の一部を手放してしまったとしても、旧イギリス系のオセアニアやカナダに英国、それ以外にも中国本土やタイなどでインフラ事業に取り組んでおり、そちらの事業は好調ということです。

[00006]電能実業 過去1年間の株価チャート


※ 上記の株価チャートはグーグルファイナンスより 2017年7月21日記録

ここで[00006]電能実業の過去1年間の株価チャートを見ておきたいと思います。普段の外国株系の記事では、5年間の株価チャートをご紹介することが多いのですが、[00006]電能実業については、過去1年間にだけ注目した方が面白いので、1年間のチャートをご紹介することにしたいと思います。

上記のチャートをみると、7月に一気に株価が跳ね上がって、8月に元に戻っていることわかります。なんでこんな値動きになるの?と疑問に思う方がいらっしゃると思うのですが、これは同社が1株あたり8.27HK$の特別配当を発表したためなんですよね。実は、今回の記事でいただいているのはその特別配当なのです。株価が70$前後なのに8$台の特別配当はなんとも大盤振る舞いですよね。

[00006]電能実業から配当金をいただきました

00006 電能実業 配当金

さて、今回は[00006]電能実業から1株あたり8.27HK$の配当金をいただきました。保有株数は500株でありまして、法人での源泉徴収税を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は3,507.92HK$という事になりました。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせますと50,795円を受け取った事になります。なお、2017年10月3日現在の電能実業[00006]の配当利回りは4.1%前後(特別配当を除く)となっています。

[00006]電能実業の業績・過去の配当金などのまとめ記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.