香港内で地下鉄など11路線を経営し、海外の鉄道事業にも参画。[00066]香港鐵路有限公司から最新の配当金をゲットです。 - 高配当株で配当金生活

香港内で地下鉄など11路線を経営し、海外の鉄道事業にも参画。[00066]香港鐵路有限公司から最新の配当金をゲットです。

他の記事でもたびたび述べているように、私たっちゃんは旅行好きであります。そのため、旅行関係や交通関係の銘柄は、できるだけポートフォリオに加えたいと思っているんですよね。

さて、国内の地下鉄は東京メトロを除くと基本的に公営なので、2017年現在では上場企業はありません。ただ、今回の記事でご紹介する[00066]香港鐵路有限公司は、香港内ではMTRとしておなじみの会社なんですよね。実際は地下鉄ばかりを経営しているわけではないのですが、地下鉄から地上を走る電車まで、幅広く香港内の鉄路を手がけている会社です。私のPFでは唯一の地下鉄銘柄ということになりますね。


スポンサーリンク

[00066]香港鐵路有限公司 簡単なご紹介

香港の鉄道事業を独占している業者である[00066]香港鐵路有限公司。香港自体はそこまで大きなエリアではないのですが、その運営路線は11に、総路線長は200キロ以上に達しています。また、香港の企業らしく、海外にも進出しておりまして、中国本土や旧イギリス系のロンドン、メルボルンなどで鉄道事業に参画しています。

鉄道ファン的な見地からいうと、[00066]香港鐵路有限公司については今でもちょくちょく新規開業する新路線が注目の1つと言えます。2017年8月の日帰り香港の旅でこの新路線のうちの1つに乗車してきましたので、追って旅行記でご紹介する予定です。

[00066]香港鐵路有限公司 過去5年間の株価チャート

00066
※ 上記株価チャートはグーグルファイナンスから引用 2017年9月18日記録

業績を見る限りは決して右肩上がりというわけではない[00066]香港鐵路有限公司。しかしながら、その株価は過去5年間、基本的に右肩上がりのキレイな上昇となっています。鉄道ファンの私は、本当はもっと同社の株式を購入したかったのですが、この推移を見て今買い増しをする勇気はありませんね。後述のように、配当利回りも2%台でしかありませんしね。

[00066]香港鐵路有限公司 今回の配当金

00066 配当金

さて、今回は[00066]香港鐵路有限公司から1株あたり0.82+2.2香港$の配当金をいただきました。このうち、0.82$の方は普通配当となりまして、2.2$の方は昨年に引き続き特別配当となります。特別配当は2年に分けて合計4.4$がなされましたが、来年からはこの影響がなくなり、通常通りの配当利回りに戻りますのでご注意ください。

保有株数は1,000株でありまして、[00066]香港鐵路有限公司は香港株であることから、外国源泉徴収税はかかりません。国内での15.315%のみの源泉徴収がなされまして、実際に受け取った配当金は2,554.33HK$となりました。この記事を執筆している時点での為替レートを掛け合わせますと36,195円を受け取ったことになります。なお、特別配当を除いた2017年9月18日時点での実績配当利回りは約2.3%とかなり控えめです。

[00066]香港鐵路有限公司 業績・配当金などのまとめ記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.