信託報酬は超激安の0.07%。残存期間別に2〜4%台の分配が期待できるバンガード社の米国社債ETFから利金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

信託報酬は超激安の0.07%。残存期間別に2〜4%台の分配が期待できるバンガード社の米国社債ETFから利金をいただきました。

今回は、配当金生活のポートフォリオの「海外債券クラス」で保有している米国社債系の商品のうちの1つである、[VCSH]バンガード・米国短期社債ETFと[VCIT]バンガード・米国中期社債ETFをご紹介することにしたいと思います。

世界のETF大手であり、当ブログではよく登場するブラックロック社のiシェアーズシリーズと、バンガード社のETFシリーズ。どちらが好きか、というのは人それぞれだと思いますが、私としては日本語のページが充実している前者を贔屓する傾向にあります。ただ、バンガードも英語サイトは充実しているので英語で情報収集するのが面倒でない、という方であれば悪くはないと思います。

なお、同じような系統の商品では信託報酬に差がないことも多い両社ですが、米国社債系の商品については、iシェアーズシリーズの[LQD]米国投資適格社債ETFの信託報酬が0.15%に対し、今回の記事でご紹介している2商品は0.07%となっています。これくらいの差であれば、バンガード社の社債ETFを選ぶという方が多いような気がしますね。


スポンサーリンク

[VCSH]バンガード・米国短期社債ETF 5つのポイント(2017年9月現在)

ブルームバーグ・バークレイズ米国社債(1-5年)インデックスのパフォーマンスへの連動を目指します。(バンガードの公式ウェブサイトから引用)

・投資対象:米国の投資適格社債(1ー5年)
・保有銘柄数:約2,100
・信託報酬:0.07%
・ベータ値:0.03
・分配金利回り:約2.2%
※ ベータ値とは株価指数と該当商品の値動きの相関性をいいます。1より小さいほど株価指数との値動きの連動性が低く、私はこの数字が小さい銘柄に好んで投資する傾向にあります。

[VCIT]バンガード・米国中期社債ETF 5つのポイント(2017年9月現在)

ブルームバーグ・バークレイズ米国社債(5-10年)インデックスのパフォーマンスへの連動を目指します。(バンガードの公式ウェブサイトから引用)

・投資対象:米国の投資適格社債(5ー10年)
・保有銘柄数:約1,800
・信託報酬:0.07%
・ベータ値:0.05
・分配金利回り:約3.2%
※ ベータ値とは株価指数と該当商品の値動きの相関性をいいます。1より小さいほど株価指数との値動きの連動性が低く、私はこの数字が小さい銘柄に好んで投資する傾向にあります。

[VCSH]バンガード・米国短期社債ETF他 今月の分配金

バンガード・米国短期社債ETF他 今月の分配金

バンガード・米国短期社債ETF他 今月の分配金2

バンガード・米国短期社債ETF他 今月の分配金3

さて、今回は[VCIT]バンガード・米国中期社債ETFから7月分として1口あたり0.234$分の分配金(218口保有)を、8月分として1口あたり0.234$分の分配金をいただきました。

また、[VCSH]バンガード・米国短期社債ETFからは7月分として1口あたり0.149$分の分配金(239口保有)、8月分として1口あたり0.151$分の分配金をいただきました。2銘柄合わせて受け取った2銘柄分の分配金は税引後で132.67$となります。円建てでは14,305円ですね。

なお、[VCIT]バンガード・米国中期社債ETFの2017年9月10日現在の過去1年間の分配利回りは3.2%程度、[VCSH]バンガード・米国短期社債ETFの2017年9月10日現在の過去1年間の分配利回りは2.2%程度、このブログでは投資対象としていない[VCLT]バンガード・米国長期社債ETFの2017年9月10日現在の過去1年間の分配利回りは4.1%程度となっています。

[VCSH]バンガード・米国短期社債ETF 銘柄解説ページ

[VCIT]バンガード・米国中期社債ETF 銘柄解説ページ

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.