最近はサンダルのビルケンシュトックが人気です。株主優待兼高配当銘柄の[8119]三栄コーポレーションから期末の報告書をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

最近はサンダルのビルケンシュトックが人気です。株主優待兼高配当銘柄の[8119]三栄コーポレーションから期末の報告書をいただきました。

今回の記事では、小型の家具や家電、調理用品などに強い専門商社である[8119]三栄コーポレーションをご紹介することにしたいと思います。最近は、国内でサンダルのビルケンシュトックや、カバンのキプリングを展開していることでもおなじみですね。特に、ビルケンシュトックを販売する直営の店舗は、いつの間にやら店舗数が61にまで拡大していました。人気があるということは株主としてはありがたいことですよね。


スポンサーリンク

[8119]三栄コーポレーション ビジネスレポート2017

三栄コーポレーション ビジネスレポート2017

さて、今回はそんな[8119]三栄コーポレーションから同社の期末報告書にあたる『ビジネスレポート2017』をいただいています。

また、家具・家電などの専門商社らしい商品ラインナップとなっている株主優待について興味のある方が多いと思うのですが、株主優待についてはこの案内に先行していただいていますので、別の記事にてご紹介しています。詳しく内容を知りたいという方は、下記の過去記事も参考いただければと思います。

[8119]三栄コーポレーションの株主優待(3月 年1回)

株主優待ポイント付与(実質はカタログギフト)
■ 100株以上:2、000ポイント
■ 200株以上:3、000ポイント
■ 800株以上:6、000ポイント
■ 2,000株以上:12、000ポイント
■ 4,000株以上:20、000ポイント
☆ 3年以上の長期保有でポイント数が5割増しとなります。

[8119]三栄コーポレーション 2017年3月権利確定分 株主優待過去記事

[8119]三栄コーポレーション 配当の方針

三栄コーポレーション 配当の方針

過去の同社の株主生活を振り返ると、結果的に高配当株式となっていることの多い[8119]三栄コーポレーションですが、その配当性向は30%程度を目処としており、実際のところは配当性向の面では超高還元の銘柄というわけではありません。業種の地味さゆえか、指標面で割安であることの結果として高配当となっている場面が多いということなんですよね。

ということで、[8119]三栄コーポレーションがこれからも将来にわたって高配当株式であり続けるという保証はないのですが、2017年9月7日現在のPER8.3倍程度の予想であれば、計算上は配当利回り3.6%程度となります。実際の2017年9月現在の配当利回り予想は約3.1%なので、業績が予想どおりの着地となれば多少の増配の可能性はありますね。

[8119]三栄コーポレーションの株主優待・業績・配当金などのまとめ記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.