ディフェンシブだと思っていたのに、いつのまにか購入時から株価は2.7倍に。堂々のトップクラス銘柄の[9432]日本電信電話から配当金です。 - 高配当株で配当金生活

ディフェンシブだと思っていたのに、いつのまにか購入時から株価は2.7倍に。堂々のトップクラス銘柄の[9432]日本電信電話から配当金です。

携帯電話大手の[9437]NTTドコモなど多くの会社を傘下におさめている[9432]日本電信電話。最近は業績も株価も絶好調なことでおなじみですよね。ただ、以前の同社は傘下に多くの会社を持つものの、儲かっているのがドコモくらいで、実質第2ドコモ?という印象を受けることもありました。今は幅広い分野できっちり稼いで、最高益を連続で更新するほどになりましたけどね。


スポンサーリンク

[9432]日本電信電話 2017年3月期 株主通信

日本電信電話 2017年3月期 株主通信

今回の記事では今更その会社自体の説明は不要であると思われる、[9432]日本電信電話をご紹介することにしたいと思います。一時期は、PBR0.5倍程度になるまで株価が下がってしまっていた同社。その時は業績が安定している割には高配当利回りだったので、喜んで株式を買い増ししていたところ、最近の株価上昇のおかげで株価は2.5倍以上になってウハウハ状態に。ディフェンシブ株の代表とも言える同社で、ここまで株価上昇の恩恵を受けられるとは思っていませんでした。

[9432]日本電信電話 過去5年間の株価推移


※ 上記の株価チャートはヤフーファイナンスから引用

[9432]日本電信電話 2017年3月期 期末配当金

日本電信電話 2017年3月期 期末配当金

さて、今回はその[9432]日本電信電話から1株あたり60円の配当金をいただきました。保有株数は200株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は10,163円ということになりました。なお、2017年9月1日時点での[9432]日本電信電話の予想配当利回りは約2.7%です。

[9432]日本電信電話の業績・配当金などのまとめ記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.