上場以来延々と70円の配当が続く超安定配当株。配当利回りは2%台の電力株[9513]電源開発から配当金です。 - 高配当株で配当金生活

上場以来延々と70円の配当が続く超安定配当株。配当利回りは2%台の電力株[9513]電源開発から配当金です。

今回は、国内に上場している電力株の中では[9511]沖縄電力と並んで安定株の1つであると考えている[9513]電源開発をご紹介することにしたいと思います。規模はソコソコながら地域電力系ではないため、知名度はあまり高くはないと思われる同社。飛行機に乗るとき、機内誌を見ていると時々同社の宣伝が掲載されているのを見かけます。一般顧客向けに宣伝してもあまり効果はないように思えるのですが、ただの知名度向上の目的なのかしら?


スポンサーリンク

[9513]電源開発 第65期株主通信

電源開発 第65期株主通信

さて、今回はそんな[9513]電源開発から第65期の株主通信と期末の配当金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。同社は、もともとは政府系の会社だったのですが、2004年に株が放出されて民営化となった電力卸を主力とする会社です。元は、地域電力だけでは電力の安定供給に不安があったという理由から戦後に設立された会社ですね。

[9513]電源開発 施設見学会

電源開発 施設見学会

毎回の株主通信・配当金と同時にいただくのが恒例となっている社会見学の案内。今回は、静岡県にある佐久間ダムの見学会が行われるそうです。昭和の超ビックプロジェクトとして、ダム好きの方(そんな方滅多にいらっしゃらない?)の間では有名だと思われる佐久間発電所。一人暮らしのときであれば応募したのですが、4人家族となった現状ではいきにくいので応募はしないこととしました。

[9513]電源開発 株主還元の方針

電源開発 株主還元の方針

2004年の上場以降、延々と1株=70円の配当水準が続いている[9513]電源開発。上記の記述を読むに、当面は安定的な配当を継続とありますのでスグに増配されるということはなさそうですね。また、2020年度以降は成長の成果を持って還元充実に努めるとあります。増配もありうるように読めますが、保守的に基本的には70円の安定配当だと考えておいた方が良さそうですね。

[9513]電源開発 2017年3月期 期末配当金

電源開発 2017年3月期 期末配当金

さて、今回は[9513]電源開発から1株あたり35円の配当金をいただきました。保有株数は400株でありまして、法人での源泉徴収税15.315%を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は11.856円ということになりました。なお、この記事を執筆している2017年8月23日時点の[9513]電源開発の配当利回りは約2.4%です。

[9513]電源開発 業績・配当金などのまとめ記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.