配当性向は高めの8割ながら、驚愕の営業利益30%台を評価しています。高配当電力&ガス株の[D]ドミニオン・リソーシズから四半期配当金。 - 高配当株で配当金生活

配当性向は高めの8割ながら、驚愕の営業利益30%台を評価しています。高配当電力&ガス株の[D]ドミニオン・リソーシズから四半期配当金。

今回は、米国大手電力株の一角で、その時価総額は4位争いをしている会社である[D]ドミニオン・リソーシズをご紹介することにしたいと思います。なお、同社は売上高でいうと米国内の公共株で10位前後となっているのですが、時価総額では上位に食い込んでいるんですよね。それだけ、同社の収益性の高さが評価されているということなんでしょうね。前期、2016年12月期の営業利益率は30%以上もありましたしね。


スポンサーリンク

[D]ドミニオン・リソーシズ 簡単なご紹介

[D]ドミニオン・リソーシズはその事業のメインとなっているのは『発電事業』ですけれども、それ以外にも送電事業や、ガス関係の事業も営んでおりまして、米国の公共株ではよく見られるタイプの『電力&ガスの総合企業』となっていますね。

最近は国内でも競争の自由化にともなって、電力会社とガス会社の垣根が低くなっているように思います。今から数十年もすると、国内でも電力とガスの両方に参入している会社がほとんどで、地域内でも競争があるという状況が当たり前のようになるのかもしれませんね。

[D]ドミニオン・リソーシズ 過去5年間の株価推移


※ 上記の株価チャートはグーグルファイナンスより 2017年8月20日記録

ほかの米国電力株の記事でも述べているように、基本的には売上高ヨコヨコ&株価ヨコヨコ程度で良いと考えている米国電力株。ただ、[D]ドミニオン・リソーシズの場合は、ここ数年の営業利益も1株あたり純利益も順調に伸びていますね。ただ、その割には2014年以降の株価は概ねヨコヨコ傾向です。今の水準でもPERは22倍程度であるので、これくらいの株価でもちょっと割高なのかもしれませんけどね。

[D]ドミニオン・リソーシズから配当金です

D 配当金

さて、今回は[D]ドミニオン・リソーシズから1株あたり0.755$の配当金をいただきました。保有株数は71株でありまして、法人での源泉徴収税などを差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は40.91$ということになりました。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせしますと、実際に受け取った配当金の金額は4,467円ですね。

なお、この記事を執筆している2017年8月20日時点での[D]ドミニオン・リソーシズの配当利回りは約3.8%となっています。最近の同社は堅調な増配傾向にありますので、3%台の後半で購入したと思っていても、いつのまにか配当利回り4%台に突入しているように思いますね。今後にも期待しておきたいと思います。

[D]ドミニオン・リソーシズ 銘柄紹介&各種指標など

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.