たっちゃんの顧問税理士さんも驚くほどの株価爆上げ。[7995]日本バルカー工業の株価が倍になったので半分売却、その他計8銘柄を売買です。 - 高配当株で配当金生活

たっちゃんの顧問税理士さんも驚くほどの株価爆上げ。[7995]日本バルカー工業の株価が倍になったので半分売却、その他計8銘柄を売買です。

先日、私の顧問税理士さんと定例の打ち合わせをしたとき、[7995]日本バルカー工業ってめっちゃ株価上がっていますね。と指摘を受けました。もともと、同社の株価は上昇傾向にあったのですが、7月下旬に絶好調の第1四半期の決算を発表してからは、その株価の上昇にはさらに勢いが増していましたね。

業績の上方修正の結果、今期2018年3月期については5年前に比べて4倍もの営業利益を叩き出す予定となっている[7995]日本バルカー工業。業績が絶好調だというのは確かなのですが、最初に購入した時点から株価が倍になっており、さらに配当利回りも2%台の前半まで低下しているので、ここで保有株の半分を売却して様子を見ることにしました。


スポンサーリンク

参考:たっちゃんの配当金生活のポートフォリオ 投資ルール

ポートフォリオの基本保有比率(2017年8月現在)

株式:38%
債券:38%
リート:24%
※ 国内資産と海外資産は基本的に1:1の保有比率を目指しています

参考:たっちゃん投資法 ブログに登場する用語の説明

リバランス:『株式:債券:リート=38:38:24』から絶対値で1%ズレた時に元のバランスに戻すように売買を行います。特定の銘柄を買い増し・売却する場合は、1%ズレていなくてもその度にリバランスを行っています。
ナンピン:配当金生活のポートフォリオの現金を除いた部分の時価が10%下落した時に5%分だけナンピンを行います。こちらは、滅多に発生しない事象でありまして、2009年以降、ナンピンは東日本大震災の時と2013年6月の2回しか行っていません。
利益確定:配当金生活のポートフォリオの現金を除いた部分の時価が5%上昇した時に5%分だけ利益確定を行います。自分の性格上、ナンピンよりも利益確定の方が発生しやすくなっています。2009年以降、13回利益確定を行いました。

投資ルール・運用方針についてもっと詳しく知りたい方はこちら

[9021]西日本旅客鉄道も半分お別れです

さらに、今回は配当金生活の初期の頃から地元応援銘柄として保有していた[9021]西日本旅客鉄道(JR西日本)も半分売却しました。元々は、株主優待銘柄&高配当銘柄として保有していた同社なのですが、幸いにも最近の業績が好調なおかげで、増配ペース以上に株価が上昇してしまい、直近の配当利回りは2%前後にまで低下しています。

また、最近は家族が増えて4人家族となってしまったため、以前のように気軽に一人で旅行というのはちょっとやりにくくなってしまいました。そのため、半額で電車に乗れる同社の株主優待券も昔に比べると消化しにくくなってしまっています。ということで、株価が絶好調の今、保有株数を最低単位の100株まで減らすことにしました。また、いずれ株価が大きく下がって、高配当株式としての魅力を取り戻せば買い戻し予定です。

2017年8月21日に以下の8銘柄を売買しました

本日売却した銘柄一覧(4銘柄)

[9021]西日本旅客鉃道:200株 → 100株へ
[7995]日本バルカー工業:200株 → 100株へ
[8954]オリックス不動産:6口 → 5口へ
[8984]大和ハウスリート:5口 → 4口へ

国内株式絶好調2銘柄を売却するついでに、本日はリート2銘柄を売却しています。今回売却した銘柄は、いずれも何にでも投資する総合系のリートですね。今回の売買とは直接関係ないのですが、最近の私のリート売買では、住宅系・商業系・物流系のものを増やしています。オフィス系は景気の変動に左右されやすいので、景気がそこそこ好調であると考えられる今は保有口数を減らしたいところですね。

本日購入した銘柄一覧(4銘柄)

[HDV]iシェアーズ米国高配当株式ETF:300口 → 386口へ
[9433]KDDI:200株 → 300株(3名義)へ
[8887]リベレステ:200株(新規購入)
[3177]ありがとうサービス:100株(新規購入)

今回は、上記の4銘柄を新規に購入、または、買い増しを行いました。直近は為替レートが円高に振れているため、国内:海外=1:1の比率から少しずれてしまっていました。そのため、今回は日本株を売った資金で米国株を買い増ししています。本当は個別株を買い増ししたかったのですが、口座別の残高の関係で個別米国株を購入している名義の残高が不足していたことから、[HDV]iシェアーズ米国高配当株式ETFの買い増しとなりました。

そのほか、国内個別株は今年新設のカタログギフトの株主優待が思ったよりも良かった[9433]KDDIに加えて、[8887]リベレステと[3177]ありがとうサービスを新規で購入しています。両社とも、配当利回りが4%台前後の銘柄ですね。[8887]リベレステの方は、不動産分譲系の会社であり、ここで買うのはちょっと賢くない気がしたのですが、同社の『減配しなさそう』な配当方針を評価して、ここで買っても良いと判断しました。

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.