米国株にしては珍しく2年連続で減配の過去があるも、業績回復で増配傾向に回帰です。大手電力株の[EXC]エクセロンから四半期配当金。 - 高配当株で配当金生活

米国株にしては珍しく2年連続で減配の過去があるも、業績回復で増配傾向に回帰です。大手電力株の[EXC]エクセロンから四半期配当金。

今回の記事でご紹介する[EXC]エクセロンは、米国電力株の中では売上高1位を争っている堂々たる大電力株です。しかしながら、同社は発電能力の6割程度が原子力発電所となっています。米国でも原発の扱いは議論があるところなので、ある意味難しい企業なんですよね。私自身は、アメリカにおいても日本においても、今後の原子力発電の未来は暗いと思っているのですが、それはそれとして[EXC]エクセロンも1企業としては華麗に立ち回りしてくれると期待しています。


スポンサーリンク

[EXC]エクセロン 保有米国電力株で唯一減配の銘柄です

私の保有している米国電力株は、業績はともかくとして、毎年堅実に連続増配してくれることに期待して保有しているものが多いんですよね。ただ、この[EXC]エクセロンについては、過去に2年連続で減配したという前科のある企業のため、連続増配に期待して投資しているわけではありません。

過去、2012年12月期には[EXC]エクセロンの配当水準は1株=2.10$だったのですが、2013年12月期には1.46$に、2014年12月期には1.24$になってしまいました。そのため、同社に投資を始めた時はこの1.24$の配当水準がヨコヨコで続くことを期待して、1.24$への減配後に購入したのです。

ただ、その後2016年12月期には、少しだけではあるものの増配がなされましたので、良い意味で事前の見込みが裏切られることとなりました。以前の2.10$の配当はまだ遠いですが、少しずつ増配して以前の配当水準・株価水準を目指してほしいものですね。

[EXC]エクセロン 過去5年間の株価推移


※ 上記の株価チャートはグーグルファイナンスから引用 2017年8月6日記録

株価安定・業績安定・配当水準も安定という3要素に期待して保有している米国電力株。上記の[EXC]エクセロンの過去5年間の株価推移を見る限りは、少なくとも株価については安定なのでは?というツッコミもあろうかと思うのですが、実は金融危機前の同社の株価は90$程度だったこともあり、そのことを思うと最近の株価はかなり下がっているということになりますね。前述の減配の過去の思うと仕方ないことかもしれませんけどね。

[EXC]エクセロンから配当金です

EXC 配当金

さて、今回はExelon Corporationから1株あたり0.3275$の配当金をいただきました。保有株数は145株でありまして、個人での源泉徴収税などを差し引いた後の手取り額は36.28$でした。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせますと、4,013円を受け取った事になります。なお、2017年8月6日現在の配当利回りは約3.4%となっています。

[EXC]エクセロン 銘柄紹介ページ

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.