信託報酬0.07%の低コストでアメリカの投資適格社債に超分散投資。[VCIT]バンガード・米国中期社債ETFなどから分配金です。 - 高配当株で配当金生活

信託報酬0.07%の低コストでアメリカの投資適格社債に超分散投資。[VCIT]バンガード・米国中期社債ETFなどから分配金です。

今回は、配当金生活のポートフォリオの「海外債券クラス」で保有している米国社債系の商品のうちの1つである、[VCSH]バンガード・米国短期社債ETFと[VCIT]バンガード・米国中期社債ETFをご紹介することにしたいと思います。

ポートフォリオでは、他に米国社債系の商品として[LQD]ishares米国投資適格社債ETFを保有しています。信託報酬は0.07%vs0.15%となっており、バンガード系のETFの方に軍配があがるので、コストにこだわるという方であれば、今回の記事でご紹介している社債ETFがおすすめということになりますね。

ただ、私としては普段から述べているように、日本語版のウェブサイトがiシェアーズの方が見やすくできていることから、現状では[LQD]ishares米国投資適格社債ETFの方をやや贔屓にしています。単純にお金の損得勘定だけでいうと、今回の記事でご紹介する社債ETFを1:1で購入した方が良いように思うんですけどね。


スポンサーリンク

[VCSH]バンガード・米国短期社債ETF 5つのポイント(2017年7月現在)

ブルームバーグ・バークレイズ米国社債(1-5年)インデックスのパフォーマンスへの連動を目指します。(バンガードの公式ウェブサイトから引用)

・投資対象:米国の投資適格社債(1ー5年)
・保有銘柄数:約2,100
・信託報酬:0.07%
・ベータ値:0.03
・分配金利回り:約2.1%
※ ベータ値とは株価指数と該当商品の値動きの相関性をいいます。1より小さいほど株価指数との値動きの連動性が低く、私はこの数字が小さい銘柄に好んで投資する傾向にあります。

[VCIT]バンガード・米国中期社債ETF 5つのポイント(2017年7月現在)

ブルームバーグ・バークレイズ米国社債(5-10年)インデックスのパフォーマンスへの連動を目指します。(バンガードの公式ウェブサイトから引用)

・投資対象:米国の投資適格社債(5ー10年)
・保有銘柄数:約1,800
・信託報酬:0.07%
・ベータ値:0.05
・分配金利回り:約3.2%
※ ベータ値とは株価指数と該当商品の値動きの相関性をいいます。1より小さいほど株価指数との値動きの連動性が低く、私はこの数字が小さい銘柄に好んで投資する傾向にあります。

[VCSH]バンガード・米国短期社債ETF他 今月の分配金

バンガード・米国短期社債ETF他 今月の分配金

さて、今回は[VCIT]バンガード・米国中期社債ETFから1口あたり0.236$分の分配金(218口保有)を、[VCSH]バンガード・米国短期社債ETFから1口あたり0.15$分の分配金(239口保有)をいただきました。2銘柄合わせて受け取った2銘柄分の分配金は税引後で66.72$となります。円建てでは7,374円ですね。

なお、[VCIT]バンガード・米国中期社債ETFの2017年7月31日現在の過去1年間の分配利回りは3.2%程度、[VCSH]バンガード・米国短期社債ETFの2017年7月31日現在の過去1年間の分配利回りは2.1%程度、このブログでは投資対象としていない[VCLT]バンガード・米国長期社債ETFの2017年7月31日現在の過去1年間の分配利回りは4.1%程度となっています。

[VCSH]バンガード・米国短期社債ETF 銘柄解説ページ

[VCIT]バンガード・米国中期社債ETF 銘柄解説ページ

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.