堅実に米ドル建てで3%強の分配金が得られそうな良商品。[LQD]ishares米国投資適格社債ETFから分配金をいただきました。 - 高配当株で配当金生活

堅実に米ドル建てで3%強の分配金が得られそうな良商品。[LQD]ishares米国投資適格社債ETFから分配金をいただきました。

国債に比べると多少高めの利回りが得られることで知られている社債。ただ、最近は国内の社債については短期の国債の利回りがマイナスとなってしまっているため、社債の利回りもほぼ0となっているものが登場してしまっていますよね。

ここ1年間に発行された社債の中には、3年ものの社債で0.0003%というものもありました。機関投資家であれば、これでも投資しないといけない場合もあるんでしょうけれども、個人投資家であれば個人向け国債の最低利回りが0.05%なので、これ未満の商品には投資しようとは思えませんよね。

ただ、今回の記事でご紹介する米国投資適格社債に投資を行う[LQD]ishares米国投資適格社債ETFであれば、まだ3%台の分配を得ることができます。為替リスクもあるので国内社債とは単純に比較はできませんが、ほぼ0%の国内社債と比較するのであれば、相対的には美味しいように思えますよね。


スポンサーリンク

[LQD]ishares米国投資適格社債ETF 5つのポイント(2017年7月現在)

iシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債 ETFは、米ドル建ての投資適格社債で構成される指数と同等水準の投資成果を目指しています。(iシェアーズの公式ウェブサイトから引用)

・投資対象:アメリカの投資適格社債
・保有銘柄数:約1,800
・信託報酬:0.15%
・ベータ値:0.13
・分配金利回り:約3.2%
※ ベータ値とは株価指数と該当商品の値動きの相関性をいいます。1より小さいほど株価指数との値動きの連動性が低く、私はこの数字が小さい銘柄に好んで投資する傾向にあります。

配当金生活のポートフォリオの中で、海外債券クラスの主力商品の1つとなっている[LQD]ishares米国投資適格社債ETF。信託報酬の0.15%はびっくりするほどの超激安というほどではないのですが、それでも国内で同系統の投資信託を買うことを思うとタダのような手数料だと思って良いでしょう。毎日の売買も非常に活発であり、気軽に売り買いできる良い債券ETFだと思います。

[LQD]ishares米国投資適格社債ETF 過去5年間の値動き


※ 上記の株価チャートはグーグルファイナンスより 2017年7月31日記録

[LQD]ishares米国投資適格社債ETFの過去5年間の投資口価格の値動きを見ておきます。債券系の商品なので、基本的には値動きは小さい方なのですが、それでも政府系の債券が中心となっている[AGG]ishares米国総合債券ETFよりは値動きは多少荒くなっていますね。AGGとLQDで2017年7月現在では分配利回りは0.75%程度の差なので、これくらいの差であればAGG一本というのも悪くはない選択であるように思えます。

[LQD]ishares米国投資適格社債ETF 今月の分配金

ishares米国投資適格社債ETF 今月の分配金

さて、[LQD]ishares米国投資適格社債ETFから1口あたり0.31632$の分配金をいただきました。保有株数は384口でありまして、個人での源泉徴収税を差し引いた後でいただいた配当金の金額は92.82$ということになりました。この記事を書いている段階での為替レートを掛け合わせますと、実際に受け取った配当金の金額は10,262円です。なお、2017年7月31日現在の[LQD]ishares米国投資適格社債ETFの分配利回りは3.2%前後となっています。

[LQD]ishares米国投資適格社債ETF 銘柄解説・過去の分配金

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.