ヤマダ電機[9831]から7,500円分の株主優待券と期末配当金。長期保有で優待利回りは9%台なのに、さらに配当利回り3%の高配当株式です。 - 高配当株で配当金生活

ヤマダ電機[9831]から7,500円分の株主優待券と期末配当金。長期保有で優待利回りは9%台なのに、さらに配当利回り3%の高配当株式です。

家電量販店の最大手である[9831]ヤマダ電機。最近はネット通販の隆盛の影響もあり、お店で買う時代でもなくなっているのでは?と元ネット通販の店長の私は思ってしまうのですが、それでも、最近の業績を見る限りは一時期の低迷からは脱しているように思いますよね。また、最近は配当も増配傾向にあります。優待株式+そこそこの高配当株式としての地位を確立するかに注目したいところですね。


スポンサーリンク

[9831]ヤマダ電機 第40期の報告書

ヤマダ電機 第40期の報告書

さて、今回はそんな[9831]ヤマダ電機から同社の第40期の報告書に、株主優待券、期末の配当金をいただきましたので、読者の皆様にもご紹介することにしたいと思います。読者の皆様の興味の中心は株主優待券だと思いますので、以下では株主優待の話題を中心にご紹介します。

[9831]ヤマダ電機の株主優待(3月9月/年2回)

優待割引券(年間の合計分を表示)
■ 100株以上:3,000円分
■ 500株以上:5,000円分
■ 1、000株以上:10,000円分
■ 10、000株以上:50,000円分
* 1年以上の長期保有で株主優待券が最大2,500円分/年追加となります。
* 1,000円分のお買い上げごとに500円分だけ利用できます。

[9831]ヤマダ電機 2017年3月権利確定分 株主優待券

ヤマダ電機 2017年3月権利確定分 株主優待券

私は[9831]ヤマダ電機を個人名義・法人名義合わせて3名義・300株保有しています。今回の3月の権利確定分は本来であれば100株保有であれば、1,000円分の株主優待券となるのですが、私は各名義で1年以上2年未満の保有となっているので、各名義で+1,500円されまして、2,500円の3名義分で合計7,500円分の金券ゲットとなりました。

なお、2年以上の保有になりますと長期保有分の優待券が+2,000円分に増額となります。この条件であれば、3月分が3,000円、9月分が2,500円となりますね。2年以上の保有を仮定して計算すると、同社の優待利回りは9.4%(2017年7月31日現在)にも達します。同社の優待が実質半額券であることに納得がいくのであれば、美味しい優待制度ではないかと思いますね。

過去記事:[9831]ヤマダ電機 株主優待利用日記

[9831]ヤマダ電機 2017年3月期 期末配当金

ヤマダ電機 2017年3月期 期末配当金

さて、今回は[9831]ヤマダ電機から1株あたり13円の期末配当金をいただきました。保有株数は個人・法人合わせて300株でありまして、それぞれの源泉徴収税を差し引きしますと、実際に受け取った配当金の金額は3,173円ということになりました。

[9831]ヤマダ電機の株主優待・業績・配当金などのまとめ記事

この記事を読んでくださった方向けの関連記事等はこちらです


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 高配当株で配当金生活 All Rights Reserved.